ゲームシステム

ロックオンと緊急回避

ロックオン距離による性能補正の機能について

ロックオンの表示色には2種類あり、近距離で敵機をロックオンすることでロックオンマーカーが赤色で表示され、より精度が高い効果的な攻撃を行うことが可能になります。

・黄色
敵機との距離が一定以上あることを表している。
ロックオンマーカーが敵機から離れやすく、攻撃しても命中精度は低い。

・赤色
ロックオンマーカーが敵機から外れにくくなり、命中精度が高い攻撃を行うことができる距離であることを示している。

  • 距離が遠いと黄色で表示される

  • 一定距離以下でロックオンすると、マーカーが赤色で表示される。

注意!!

命中精度が高いロックオンを受けると、赤色のロックオン警告が表示され、画面が赤く表示される。

アイコンの表示と機能が使用できる距離

「ロックオン距離による性能補正機能」による攻撃が可能な武器には、このような赤色の四角いアイコンが表示されています。

1:敵機をロックオンしたときに照準が敵機から離れにくくなる機能を表す数値をあらわします。
2:「ロックオン距離による性能補正機能」で攻撃可能な距離を表します。

注意!!

ロックオンの能力を強化しても、「ロックオン距離による性能補正機能」は強化できず、数値は基本値から変動しません。

緊急回避について

ブーストを消費して素早い回避行動を行うことができる機能で、「ロックオン距離による性能補正機能」のロックオン状態を能動的に解除できます。
移動しながら、あるいは移動と同時に「Xキー」を入力することで、移動方向へ「緊急回避」することができます。

「ロックオン距離による性能補正機能」のロックオンをされていない状態でもこの緊急回避を使うことは可能ですが、1回使うと少しの間緊急回避は使えません。使うタイミングをしっかりと計りましょう。

  • ブーストを消費して、素早く回避!

  • オーバーヒートしていると使えない

緊急回避は初期設定では“Xキー”に設定されています。また、“移動キーを2回クリックする”ことでも「緊急回避」を行うことができます。
これらのキー設定はオプションにて変更が可能です。