お知らせ

2019/05/22 16:00

6月実施予定のバランス調整について(6/6追記)

【6月6日 16:55追記】

「マッチングシステムの調整」について追記しました。


【6月5日 15:52追記】

日頃より『機動戦士ガンダムオンライン』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
先にお知らせいたしましたバランス調整について、実施日時と対象機体をお知らせいたします。

なお、バランス調整の開発とテストの状況によっては調整対象機体を変更、あるいは取りやめる場合があります。
また調整の詳細な内容は後日お知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


■バランス調整実施日時
2019年6月19日 定期メンテナンス時


パフォーマンス調整機体

▼Hi-νガンダム/[地球連邦軍]
・ビーム・ライフル系統の調整
・固有モジュール「Hi-νガンダム用特殊カスタマイズ」効果の調整


▼ナイチンゲール/[ジオン]
・メガ・ビーム・ライフル系統の調整
・固有モジュール「ナイチンゲール用特殊カスタマイズ」効果の調整


この両機は、状態異常攻撃や大ダメージを瞬間的に出せる武器以外での撃破手段が乏しく、さらに敵機の動きを止める力が強いため、大多数の機体にとっては迎撃も反撃も難しい状況です。
そこで、これまでよりも両機への反撃や撃破できるチャンスが生まれるようにしつつも、高い耐久力を持つ前衛機体という特徴が過度に失われないよう調整を行います。


▼ジ・O/[地球連邦軍/ジオン]
・アーマー値の調整
・「覚醒」使用中の武器威力の調整


膠着状態を打開する要因として「覚醒」は有効な手段ですが、武器威力とアーマー値の増加により、覚醒効果中のバトルへの影響が大きく向上しました。一方で、高い攻撃力を有する武器、あるいはジ・Oの攻撃に耐えられる機体以外では対処が困難な状況でもあります。
そのため、汎用的な機体や武器であっても攻撃を集中することで、これまでよりも迎撃しやすくなるよう調整を行います。


▼ジーライン(アサルトアーマー)/[地球連邦軍]
・ヒート・ランスの威力およびチャージ倍率の調整


▼ギャン・クリーガー/[ジオン]
・チャージ・ビーム・ランスの威力およびチャージ倍率の調整


チャージ格闘武器は高いアーマー値を持つ機体や被弾効果を受けにくい機体を撃破するのに有効な手段でしたが、それに伴うリスクが発生しにくいことが問題と捉えています。
中でも「追撃」効果を持つチャージ格闘武器はそれが顕著であるため、環境に適した攻撃力になるよう調整を行います。

調整対象機体:地球連邦軍

・νガンダム(ヘビー・ウエポン・システム装備型)
・Zガンダム
・Ex-Sガンダム
・ガンダム[THE ORIGIN]
・ガンダム
・リ・ガズィ
・スレイヴ・レイス
・ジェガン(エコーズ仕様)

調整対象機体:ジオン

・フルアーマー・ユニコーンガンダム
・クシャトリヤ・リペアード
・キュベレイ
・クシャトリヤ
・シャア専用ザクII[THE ORIGIN]
・高機動型ゲルググ
・ズサ(袖付き仕様機)
・ザクIII
・マラサイ(ジオン軍残党機)
・ガザC

システム系調整の概要について

▼功績評価システムの調整
・敵機撃破時に獲得する功績ポイント量の調整
・自機撃破時に減少する功績ポイント量の調整


▼高コスト帯の機体が撃破された際に減少する戦力ゲージ量を増加

マッチングシステムの調整に伴う小隊の最大パイロット数変更について

【6月6日追記】

▼マッチングシステムの調整
現在、時間帯によってはマッチング時の一部階級の人数に偏りがあり一方的な戦闘となる要因の一つとなっている為、
偏りが発生するマッチングの頻度を下げる調整を実施します。
上記マッチングシステム調整にあたり、現在の小隊システムについても最大人数を以下に変更いたします。

 

▼大規模戦における1小隊あたりの最大パイロット数を6名から3名へと変更
現在の小隊システムがマッチングに影響を与えていると認識しています。

小隊を組み同じ大規模戦場でプレイしていただくことも楽しみ方の一つではありますが、現行の小隊システムが及ぼすマッチングへの影響度合いを加味し、マッチングバランスの改善を優先しました。

小隊でのチームプレイや交流も失われないようにするため、今回は小隊システム自体の削除ではなく、最大パイロット数の減少という形をとりましたが、今後も引き続き皆さまのご意見や、これからのマッチング状況を踏まえながらアップデートを行っていく予定です。

※各種チャレンジなどの達成に必要な小隊に関連したリボンの獲得条件も、本変更に併せて調整を行います。
※局地戦の小隊最大パイロット数は6名のまま変更ございません。


※本調整により性能が変わる機体や武器がありますので、あらかじめご了承のうえ各ガシャコンをご購入くださいますようお願いいたします。


日頃より『機動戦士ガンダムオンライン』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
開発運営チームでは、4月25日に行った統合整備計画後の状況を踏まえた調整とバトルシステムの一部調整を、6月中旬に実施する予定で準備を進めています。

コスト間の機体性能差の是正を目的として4月24日に統合整備計画を実施し、低~中コスト機体において、戦闘時間や撃破率が若干向上するなどの変化はありました。

しかし近距離での戦闘においては依然として、Hi-νガンダムやナイチンゲールなど一部機体のパフォーマンスが突出しており、これに対する機体としてジーライン(アサルトアーマー)やギャン・クリーガー、ジ・Oといった、格闘性能に秀でた機体に使用率が集中している状態にあまり変化はみられませんでした。

そのため、これら近距離戦闘にて極めて高いパフォーマンスを発揮している機体や武器の性能を抑える調整を行います。また、パフォーマンス向上を主とした一部機体の個別バランス調整も併せて行う予定で、これにより機体選択肢や戦闘の多様化を図ります。

現在、パフォーマンス抑制を検討している機体は以下のとおりです。


パフォーマンス調整対象について

[地球連邦軍]
・Hi-νガンダム
・ジ・O
・ジーライン(アサルトアーマー)


[ジオン]
・ナイチンゲール
・ジ・O
・ギャン・クリーガー

機体個別調整について

パフォーマンス向上を主とした機体個別調整の対象機体や調整方針などは、内容が決まりましたら改めてお知らせいたします。

システム系調整の概要について

▼功績評価システムの調整
・敵機撃破時に獲得する功績ポイント量の調整
・自機撃破時に減少する功績ポイント量の調整


▼高コスト帯の機体が撃破された際に減少する戦力ゲージ量を増加

バランス調整の詳細な内容は決まり次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

開発の進捗やテスト結果等により内容を変更、あるいは調整を取りやめる項目、または対象の追加が生じる場合もございます。
また、本調整により性能が変わる機体や武器がありますので、あらかじめご了承のうえ各ガシャコンをご購入くださいますようお願いいたします。


機動戦士ガンダムオンラインチーム