開発運営だより

第73回 ゴールデンウィーク中のイベントと5月のアップデート情報

ヘッダー画像

いつもプレイしていただきありがとうございます!

機動戦士ガンダムオンライン運営チームの山本です。

 

明日から世間一般的にはゴールデンウィークですね!今年は10連休ということもあり、楽しみにされている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

今回の運営だよりでは、そんな楽しいゴールデンウィークを盛り上げるイベント予定と5月中旬のアップデート情報をご紹介いたします! 

 


ゴールデンウィーク中のイベントについて


■結束の力で勝利を目指せ「大規模戦トーナメントBarrage!」

ゴールデンウィーク期間中、4月のライブ配信でもご紹介した「大規模戦トーナメントBarrage!」を開催予定です。「大規模戦トーナメントBarrage!」は、エントリーしたパイロットが最大51人のチームに分かれて対戦するトーナメント形式のイベントです。

「大規模戦トーナメントBarrage!」には、下記のような特別ルールがあります。

  

●「大規模戦トーナメントBarrage!」特別ルール

・同一機体はデッキに1機までしか編成できない。

・再出撃時間が大幅に短縮される。

・モジュールを装備しても再出撃時間が増加しない。

 

上記の特別ルールはすべての機体に対して適用されますが、中でも280~340のコスト帯の機体は普段の半分の時間で再出撃が可能となります!

モジュールを装備した際の再出撃時間の増加もありませんので、上記の機体を編成に加えると、少し変わったプレイ感覚でイベントをお楽しみいただけると思います。

もちろん慣れた機体でご参加いただいても問題ございません。

 

 

5月中旬のアップデートについて

 

■まもなく放送開始!「機動戦士ガンダムTHE ORIGINイベント」

TVアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」が4月29日(月曜日) 0時35分からNHK総合テレビで放送開始となります。

放送開始を記念して、ゴールデンウィーク明けの5月15日より「ブラックストリームキャンペーン」を開催します。

 

期間中「EXガシャコン~THE ORIGIN~」を配信します。

「EXガシャコン~THE ORIGIN~」からはイベント機体や特別なパイロットコーディネートと交換できるアイテムなど、便利なアイテムを獲得することができます!

 

●イベント機体

今回のイベントでは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」関連の機体を獲得することが可能です。

地球連邦軍・ジオン共にブラックを基調にした機体が配備されますが、得意な戦い方は正反対になっています。

 

地球連邦軍には「腕部の武装による射撃戦を得意とするガンダムタイプの機体」、ジオンには「大型の格闘武器による接近戦に特化したザクタイプの機体」がそれぞれ配備されます。

 

【地球連邦軍機体】

 

【ジオン機体】

地球連邦軍   ジオン

※画像は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります。

 

好きな陣営の機体を獲得するもよし、自分の得意な戦法に合わせて獲得するもよし、もちろん両陣営の機体を獲得するもよし!「ブラックストリームキャンペーン」のイベント機体にご期待ください。


●パイロットコーディネート

さらに今回のEXガシャコンから獲得できるイベントアイテムを使用することで、少年少女期のキャスバルとアルテイシアをモチーフにしたパイロットコーディネートと交換できます。

 

コーディネートアイテム(両軍共通)
アバター画像アバター画像
※画像は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります。

男性用、女性用共に原作の持ち味を活かしたフォーマルな衣装に仕上がっていますのでお楽しみに!

 

 

■はじまりの地「サイド7」が新マップとして登場!

TVアニメ「機動戦士ガンダム」第1話の舞台となったコロニー「サイド7」が、大規模戦の新マップとして登場します。 

サイド7_01

 

サイド7_02 サイド7_03

 ※画像は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります。

 

第1話でザクIIが侵入してきた崖やアムロがガンダムに乗り込んだリフト周辺などを再現し、伝説のはじまりとなったコロニーを想起させる造りになっています。

 

マップには時間の経過で各本拠点に繋がる扉が解放されるギミックが仕込まれています。

状況に応じて攻める拠点、守る拠点を切り替える対応力が勝敗を分けるカギとなります。

 

新マップ「サイド7」の公開は、5月中旬頃を予定していますのでお楽しみに!


4月24日のアップデート後の状況について


■4月の統合整備計画とシステムアップデート

4月の「統合整備計画」と「システムアップデート」では、機体と大規模戦の両面に手を加えることで、一部の高コスト機に偏重したゲームバランスの是正を図りました。

 

調整以前はパフォーマンスが突出していた「Hi-νガンダム」と「ナイチンゲール」については利用率や生存時間、撃破数、被撃破数などのデータを確認し、以前よりもパフォーマンスが抑えられている状況を確認しております。

 

バランス調整の中心となった低中コスト帯の機体について、中コスト帯の機体は、アップデート以前の状態からも最も高いパフォーマンスの伸びが見られ、機体選択肢の幅が広がったものと認識しております。

しかしながら低コスト帯の機体については、一部機体は高いパフォーマンスを発揮しているものの、運営開発チームで想定していたパフォーマンスに到達できていない機体も多く存在する状態です。

 

アップデート前と比較すると、様々な機体で活躍することができるよう状況に対して一定の改善が見られていると考えておりますが、その一方で一部の兵科が活躍しにくい状況や、高コスト機による攻略がまだ偏っている状況、支援兵科が正当な功績評価を受けにくい等と言った課題があることも認識しております。

 

こうした課題に対し開発運営チームでは、引き続き調査を続行し、調整・改善を検討していく予定です。

 

■DXガシャコンVol.68

DXガシャコンVol.68では「バンシィ・ノルン」と「フルアーマー・ユニコーンガンダム」が登場しました。

 

これまでの400コスト機にはそれぞれ得意とする射程距離がありましたが、今回の400コスト機は「リボルビング・ランチャー」や「ハイパー・バズーカ(2挺)」などの武器で先手を取り、最前線からは少し離れた位置での射撃戦が得意な機体です。

 

400コスト機体のバトルバランスについては、今後もお客様からのご意見・ご要望を踏まえつつ検討をさせていただきます。

 


以上が今回の運営だよりとなります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

また、皆様より日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、

ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームより

お送りいただけると嬉しい限りです。

 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、

 恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next