よくあるご質問

支給期間を過ぎたら再度鹵獲ポイントを納入する必要がありますか?

支給期間を過ぎた共有機体は使用できなくなりますが、再度鹵獲ポイントを納入し
支給条件を満たすことで再び支給期間が設定されます。
部隊員の誰が納入した鹵獲ポイントであっても、支給条件を満たすことで
再度支給期間が設定されます。
※機体の支給期間が過ぎても、すでに納入した鹵獲ポイントは返却されません。

自身が納入した鹵獲ポイントは「共有機体貢献」のポイントとして記録されます。
各機体の搭乗資格が「共有機体貢献」ポイントの現在値以下で
かつ現在支給期間中である場合、大規模戦で使用可能です。

なお、「共有機体貢献」の現在値が各共有機体の「必要数」を満たしていれば
使いたい共有機体にあらためて鹵獲ポイントを納入する必要はありません。
また、自身が鹵獲ポイントを納入していない機体でも同様です。

(例)
・連邦軍所属のパイロットで、「共有機体貢献」の現在値が 30PT。
・VOL.1の機体のすべてが支給期間中。

共有機体貢献説明2
△自分が今まで納入した鹵獲ポイント=共有機体貢献 30PT

共有機体貢献説明1
△「グフ【鹵獲】」の搭乗資格は共有機体貢献 40PT

この場合「ザクI、ザク・マリンタイプ、ザクI・スナイパータイプ」が使用可能です。
「グフ、ズゴック、ハイゴッグ、ザク・デザートタイプ」を使用するためには
まだ支給されていない、いずれかの共有機体に鹵獲ポイントを納入して
「共有機体貢献」を上昇させる必要があります。

back