開発運営だより

第61回 アドバンストオプションについて

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


1月17日に実装いたしました「アドバンストオプション」につきまして、たくさんのご意見・ご質問をいただいております。

特にパーツの獲得率に対するご意見を多くいただいている状況を踏まえ、開発運営チームでは獲得率を上方調整するよう対応を進めております。

調整内容や実装時期含めて、準備が整い次第公式サイトに掲載いたします。

なお、皆さんより多くいただいているご質問に関して、以下に回答していますのでゲームプレイの参考にしてください。

 


■勝敗、評価などのオプションパーツ獲得への影響

オプションパーツの獲得は、常に一定の確率で行われます。

そのため「戦闘結果」「獲得ポイント」「リザルト順位」「階級」などによる獲得率の変動はございません。

 

しかし、オプション獲得を目的として健全なプレイが行われない場合があり、開発運営チームでは随時取り締まりを行っておりますが、それらの行為がエスカレートするような場合にはパーツ獲得条件に何かしらの制限を設けることも検討します。

 

 

■デッキ設定について

オプションパーツの獲得抽選は、常に全てのデッキ枠に対して均一の確率で行われます。

そのため、デッキに1機体のみ登録した場合、その1機体のオプションパーツを獲得することはできますが、

獲得抽選そのものは登録していないデッキ枠に対しても行われているため、4機体をデッキに登録しているときよりもオプションパーツの獲得機会は下がることになります。

イメージ

 

オプションパーツの獲得機会に限った場合、4つのデッキに全て獲得対象となる機体で出撃するほうが獲得機会は上がります

 


以上、皆さんのゲームプレイの参考になれば幸いです。

その他ご不明な点がありましたら、以下のFAQをご参照ください。

http://msgo.bandainamco-ol.jp/member/support/qanda.php?category=8#list_top

 

 

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第60回 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 佐藤一哉です。

 

昨年は多くのパイロットの皆さまに『機動戦士ガンダムオンライン』をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

謹んでお礼を申し上げます。

 

昨年は大型アップデート「革新」の実装をはじめ、バランス調整やイベントなどゲームアップデートを実施してまいりました。

10月からは「ガンダムオンライン宣伝部Mk-Ⅱ」として全国の会場を巡り、開発運営の生の声をお届けするとともに、皆さまのガンオン愛を感じることができ、サービスとして大きく成長できた1年となりました。

 

正式サービスから5周年を迎えることができたのもひとえに皆さまのご支援の賜物と、心より感謝しております。

 

本年も皆さまに『機動戦士ガンダムオンライン』をご満足いただけるサービスおよびアップデートの提供が行えるよう運営・開発スタッフ一同、誠心誠意努力いたします。

 

2018年も『機動戦士ガンダムオンライン』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

まだまだ寒さが厳しい季節ではございますが、パイロットの皆さまもお体には気を付けてよいお正月をお過ごしください。

 


今年も、機動戦士ガンダムオンラインをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第59回 5周年の挨拶と今後のアップデートについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサーの佐藤一哉です。


「機動戦士ガンダムオンライン」は12月25日に正式サービス開始満5年を迎えます。

 

5年前、一年戦争の世界観をベースに始まったガンダムオンラインも、今では様々な世代の機体が登場し、有名なモビルスーツから、マニアックなあの機体まで、ガンダム世界をいろんな角度から楽しめるゲームへと成長できたと感じています。

 

これもひとえに、ガンダムオンラインをプレイいただいている皆様のおかげと、私含めスタッフ一同感謝しています。

誠にありがとうございます。

 

さてそれでは、今後予定しているアップデート情報をお伝えします。

先日のライブ配信にてお伝えしたとおり、12月27日の定期メンテナンスにてバランス調整を予定しています。

 

■12月27日バランス調整について

戦線の膠着状態が増えていることへの対応を含め、MS戦を積極的に仕掛けていけるようにするため、一部機体を除いた「強襲兵科機体のアーマー値上昇」を行い、これに併せて一部の支援機を対象に「リペアトーチの回復量の強化」も行うことでアーマー回復能力の緩和を行い、支援機体の活性化を促進します。

 

その他、皆様の実際のプレイデータや機体調整に関するご意見を参考に、様々な「機体の調整」も行います。

 

これら3つの調整を行うことで今以上に機体選択の幅が広がり、最前線の戦闘がより活性化、MS戦をより楽しめるようになると考えています。

様々な機体が活躍する戦場を体験できるよう今後も継続して調整を行っていく予定ですので、楽しみにお待ちいただければと思います。

 

以下は12月27日に個別の調整を予定している機体です。

 

[地球連邦軍]

-百式

-ガンダム試作3号機

-ガンダム

-ジーライン(ライトアーマー)

-ジーライン(アサルトアーマー)

-ジーライン(スタンダードアーマー)

-ディジェ

-陸戦型ガンダム

-ガルバルディβ

-リック・ディアス

-フルアーマーガンダム

-ガンダムEz8(ウェポンラック装備)

-ジム・キャノン(空間突撃仕様)

-ガンキャノン最初期型[OR]

-フルアーマーZZガンダム

 

[ジオン]

-キュベレイ

-ハンマ・ハンマ

-ヤクト・ドーガ(クェス機)

-シャア専用ゲルググ

-高機動型ゲルググ

-グフカスタム

-リック・ディアス

-キュベレイMk-II

-シュツルム・ディアス

-シン・マツナガ専用ゲルググJ

-ガルスJ

-ハマーン・専用ガザC

-ゲルググ

-ザクキャノン(グレーデン機)

 

個別調整に関しては、武器の組み合わせを考慮した武器性能の調整や新武器の追加、モジュールの追加などを行い、機体個々の特徴をより伸ばす方針で調整を行います。

 

概要については以下のお知らせにてご案内しております。

【12月27日実施】機体/武器バランス調整について

 

詳細な数値等については12月27日(水)に告知を予定しております。今しばらくお待ちください。

 

■1月以降のバランス調整について

バランス調整は1月以降も予定しており、そのための準備も併せて進めているところです。

現在予定している調整は以下のとおりです。

 

・格闘攻撃の威力やモーションの調整

・シールド所持機体がダッシュ攻撃を行った際に受けるダウンポイント増加効果の調整

 

現在の格闘攻撃は、リスクを負って敵機に近づいたにもかかわらず相手を撃破できない、あるいは撃破までに数回の攻撃を要するなど、リスクとリターンが見合っていない攻撃手段になっていると認識しています。

 

攻撃モーションを見直して攻撃を当てやすくする、攻撃力を上昇して撃破までの攻撃回数を減らすなど、リスクにあったリターンを得られる攻撃手段になるようにしつつ、「敵機を斬り伏せた」という爽快感を得られるような調整を予定しています。 

 

■1月以降のアップデート予定について

以前のライブ配信でも触れてきました「アドバンストオプション」を1月に実装するよう開発を進めています。

発表から実装まで時間を頂戴している状態ですが、現在最終的なチェック中でもあるので、もう少しだけお待ちください。

 

なお毎年、年末年始に行っている新機体が獲得できるイベントは、年明け1月に開催予定で準備を進めています。

ライブ配信にてシルエットでご紹介した「あの機体」が獲得できるイベントですので、楽しみにお待ちください!


現在お伝えできるアップデート情報は以上です。

その他、大規模戦フィールドの実装・改修や、システムの実装など準備を進めております。

公開できる情報が整い次第お知らせいたします。今しばらくお待ちください。

 

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第58回 12月実施予定のバランス調整について

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


今回はバトルアシストモジュールの調整後の対応や、現在機体バランスにおいて抱えている問題への対応を中心に、12月に実施予定のバランス調整、5周年イベントで開催予定の一部アップデートについてお知らせいたします。

 


■バトルアシストモジュールの調整後の対応について

先週11月29日(水)にバトルアシストモジュールに関連するバランス調整を実施しました。

その後のプレイ状況と皆様からお寄せいただいたご意見をもとに協議した結果、「バトルアシストモジュールの装備個数に応じた再出撃時間増加量の調整」と「高速切替II・IIIの調整」について以下の対応を行う予定です。

 

●バトルアシストモジュールの装備スロット数に応じた再出撃時間の増加量を調整

再出撃時間の増加率が高いことにより、低コスト帯の機体カスタマイズが楽しみづらい状況となっているため、スロット数を多く装備した際の再出撃時間の増加量を緩和いたします。

 

●高速切替II・IIIの持ち替え時間を調整

高速切替モジュールを装備した際の効果は大きいものの、スロット数の関係で高速切替Iのみ装備できる機体と高速切替IIおよびIIIを装備できる機体の性能差が顕著でした。

その差を緩やかにするべく調整を行いましたが、該当モジュールの下方調整が著しく、かつ内蔵武器を持つ機体との性能差も顕著になってしまいました。

お客様からも高速切替モジュールの性能や内蔵武器を持つ機体との性能差が広がったなどのご意見も多くいただいたため、11月29日時点の性能に戻すことにしました。

 

 

■一部突出している機体の調整と現在抱えている問題に向けたバランス調整

現在12月下旬を目途に以下のバランス調整を実施予定です。

 

●一部突出している機体のバランス調整

・フルアーマーZZガンダム

他の機体と比較し撃破性能が高い水準にあり、撃破され難い防御性能も影響して非常に高いパフォーマンスを発揮している状況です。

本機については、前線で多数の敵と対峙した時のパフォーマンスを抑えることを目的とし、攻撃性能の調整を行う予定です。

上記以外にも機体個別のバランス調整を予定しております。

 

●MS戦における膠着状態増加に対する調整

マップに関わらずアップデートの積み重ねにより、現在のMS戦は以前と比べて戦闘距離が拡がり、以前と比べて膠着状態が起きやすい傾向にあると認識しています。

本問題については、バトルアシストモジュールの調整(実弾装甲や耐爆装甲など耐性効果の追加や軽減効果の増加) も一つの緩和方法として実施いたしましたが、引き続き対応として上記の突出した機体の調整や強襲機体を中心とした幅広い機体性能の調整を実施することで、機体間の攻防のバランスを改善してまいります。

 

●武器エフェクトの調整

武器エフェクト表現について、エフェクト濃度や再生時間などの調整を行うことで混戦の状況でも戦闘画面の視認性を向上させる予定です。

本調整については、12月中にフルアーマーZZガンダムの爆風エフェクトの調整を行い、その他武器エフェクトについても段階的に取り組んでまいります。

 

 

■5周年記念アップデートについて

ガンダムオンラインも12月19日に5周年を迎えます。

これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と感謝いたしております。ありがとうございます。

そこで、12月13日(水)の定期メンテナンス後より5周年イベントを開催いたします。

 

5周年記念のアップデートでは毎年恒例のプレミアムガシャコンをはじめとして、先月回答いただいたアンケートをもとにしたDXガシャコンピックアップの配信や、好みの機体を入手しやすくする商品としてゴールドハロチケットが手に入る1パイロット1回のみ利用できるガシャコンも実装する予定です。

現在ガンダムオンラインをプレイいただいている皆様もご利用いただけるガシャコンですので、今からどの機体を狙うか考えてみてはいかがでしょうか。


現在お伝えできるアップデート情報は以上です。

その他アップデートに関しては現在調整内容を検討している段階となります。

公開できる情報が整い次第お知らせいたします。今しばらくお待ちください。

 

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第57回 モジュール調整について

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


今回は11月29日(水)に実施した「バトルアシストモジュールのバランス調整」に関してお知らせいたします。

 


バトルアシストモジュールのバランス調整

今回の調整は、主に防御関連のモジュールを中心に対策の幅を広げることを目的に使いづらかったモジュールの性能向上のほか、新たな被弾効果への耐性効果や特定の状況下で強力だったモジュールの調整を行いました。

 

また、機体コストに関連するモジュール装備について、

  装備スロット個数が少ない場合は再出撃時間増加量をこれまでよりも減少し、

装備スロット個数が多い場合は再出撃時間増加量をこれまでよりも増加することで
低コスト機体は、モジュールを沢山装備すれば良いという状態からプレイスタイルや戦場に合わせてモジュールを選択するように調整し、逆に高コスト機体は、増加する再出撃時間がこれまでよりも少なくなるため、状況に応じてモジュールを装備することも選択できるようにしています。

※再出撃時間の増加量は、機体コストとモジュール装備個数によって異なります。

 

他のバトルアシストモジュールを含め、調整後も引き続きゲームバランスの観測を行い、

問題が発生していると認識できた場合には再度調整を実施させて頂く場合もございます。

 

今後実装を予定している機体強化に関連するアップデート「アドバンストオプション」など、

機体をカスタマイズの幅については引き続き調整やアップデートを重ねてまいります。

 

ご意見などがございましたら是非お寄せくださいますようお願いいたします。

 


現在お伝えできるアップデート情報は以上です。 アドバンストオプションに関しては現在調整内容を検討している段階ですので、公開できる情報が整い次第お知らせします。

今しばらくお待ちください。

 

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next