開発運営だより

第56回 大型アップデート後の状況と今後について

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


大型アップデート以降、さまざまなご意見やご要望をお送りいただき誠にありがとうございます。
今回はアップデート以降にいただいております、様々なご意見・ご要望やゲーム状況から、皆さんが気になっている点と今後の予定をお伝えします。



機体毎のダウンゲージレベルの設定について

今回実装したダウンゲージレベルについて、機体がどのレベルに該当するのが適切か、さまざまなご意見をいただいています。

ダウンゲージレベルは機体サイズのみを基準に設定されているものではなく、アーマー値や最高速度など機体個々のパラメータや武装など、機体サイズ以外の要素も含めて設定をしています。
機体見た目の大きさや表面積といった、いわゆる「被弾面積」のみを基準とした分類でない点はご理解いただけますと幸いです。

しかしアップデート後のプレイ状況において、ダウンゲージレベルと機体性能がうまくかみ合っていない機体が多数存在する状況であることも認識していますので、今後も順次調整を重ねていく予定です。

 

統合整備計画後のゲームバランスについて

アップデート前と比較して、地球連邦軍はゲームプレイに大きな変動が見られましたが、ジオンはこれらの変動が小さい状況であることを確認しています。

本状況を踏まえ9月中旬を目処に、一部機体を対象にさらなるバランス調整を実施する予定です。
高コスト帯の機体選択の幅が狭まっている状況を緩和することを目的に、調整は両陣営の一部高コスト機体に絞って実施する予定です。

詳細な情報については追って公式サイトを通じてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

 

「ガンオン宣伝部」ライブ配信について

次の「ガンオン宣伝部」の配信は9月1日(金) 22時からを予定しています。夜遅い時間からの配信ではありますが、今後予定しているアップデートやイベント情報もお伝えする予定なので、是非ご覧ください!

 


最後に、8月30日(水)に配信を予定していた「原作BGMパックvol.9」ですが、配信を延期することになりました。
楽しみにお待ちいただいている皆様には大変なご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします。誠に申し訳ございません。
9月中の配信を目指して対応を進めていますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第55回 今後予定しているアップデートについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


告知にも掲載していますが、7月はサマーフェスティバル2017を開催します!
お得なキャンペーンやイベントに加え、新しいルールを含めたトーナメントイベントなど盛りだくさんでお届けする予定ですのでお楽しみに!
まずはそのトーナメントのスケジュールをお知らせします。



トーナメントに関して

実施日 ルール 概要
7/15(土)、7/16(日) 大規模戦トーナメント 通常の大規模戦に沿ったルール

7/19(水)

7/22(土)、7/23(日)

新ルールトーナメント 1チーム15人のMS撃破ルール
8/5(土)、8/6(日) コスト限定大規模戦トーナメント 機体コストを限定した大規模戦に沿ったルール


新ルールのトーナメントは15vs15の対戦で、相手MSの撃破によって勝敗を決める、いわゆるデスマッチ形式です!
比較的小さいマップを戦場とするため、出撃直後から戦闘が行われます。
戦闘時間も10分と通常の大規模戦トーナメントよりも短いため、機体コストの高い機体ばかりを集めたデッキでは、再出撃時間の経過待ちに陥るかもしれません。再出撃時間を考慮したデッキ構成も重要ですので、今から抜かりなく準備しましょう!

「コスト限定大規模戦トーナメント」は、機体コスト340と280の2パターンで開催を予定しています。
通常の大規模戦トーナメントとほぼ同じルールですが唯一、使用できる機体コストに制限がある点は注意が必要です。
今開催しているEXガシャコン2017 SUMMERは、このコスト限定大規模戦トーナメントの機体を揃えるのにぴったりなので、ぜひ活用してください!


それでは次に、現在運営開発チームがアップデートによる対応を検討している項目ついてお知らせします。

ゲームバランスに関して

1. 本拠点攻撃において突出したパフォーマンスを発揮している要因の調整について
「ジ・O」の「覚醒」使用時における本拠点攻撃能力について調整を検討しております。
本機は大規模戦における膠着状態を打破する要素を持っていますが、一方で他の機体と比較して本拠点攻撃においても非常に高いパフォーマンスを発揮しています。大規模戦の勝敗を決める要因は様々ありますが、本機のそれの占める割合が他機体と比較しても非常に高い状態にあるため、その点に関しては調整を予定しています。


2. 機体サイズとダウンポイントシステムについて
機体サイズによってダウンゲージの総量を設定し、サイズの大きな機体の総合的能力を落としている一因の解消を目指します。
これまではアーマー値をはじめとし総合的なパラメータにて調整を行ってまいりましたが、ダウンポイントシステムにおいても同様に対応を行います。これにより、機体サイズが大きい機体は被弾効果への耐性がこれまでよりも高くなる予定です。 


3. 各機体のバランス調整について
各機体のバランス調整についても開発を進めており、現環境において性能を発揮しにくい武器(例:ショットガン系統等)の調整を予定しています。
また、中遠距離から射撃可能な弾幕効果が高い武器(一部の誘導型武器、爆発系統武器、榴弾系武器等)に関しても調整を検討しています。

 

大規模戦のスコアボーナスに関して

撃破スコアの獲得条件の見直しを行う予定で、撃破に大きく貢献したパイロットと少ないダメージで貢献したパイロットで得られるスコアの差を明確にします。


昨年11月のアップデートにて、パイロット同士が協力して敵機を撃破できるよう撃破スコアの変更を行いましたが、リスクを課して敵機に近づいたものもそうでないものも等しく撃破スコアを獲得してしまうなど、リスクとリターンのバランスが悪い状態でもありました。
そのため、リスクとリターンのバランスをより良くする調整を検討しています。


また、撃破回数や連続撃破した際に獲得できるボーナスが非常に高く、他のスコアに比べて獲得バランスが悪いためこれらを引き下げ、他のボーナスポイントを上昇するなどして全体的な調整も併せて行います。


現在お伝えできるアップデート情報は以上です。
機体バランスに関しては現在調整内容を検討している段階ですので、公開できる情報が整い次第お知らせします。今しばらくお待ちください。

また皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。 

この記事に対するご意見をお寄せください。

第54回 5月以降のアップデートスケジュールについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

先日のライブ配信はいかがでしたか?
ガンプラのゼータガンダムやバーザムにまつわるお話はとても興味深く、面白かったですね! 並々ならぬ熱意を感じられました。
さて今回はそのライブ配信でも少し触れた、これからのアップデートスケジュールについてお伝えします!


 

■5月の予定

 

5月17日:ニューヤーク改修

先の開発運営だよりでもお伝えした、大規模戦フィールド「ニューヤーク」の改修を行う予定です。
 

●「塵煙の激闘」について

拠点3を挟んだ駆け引きの活性化を目的として、拠点3周辺にオブジェクトを追加します。

併せて下の画像のように、敵本拠点へ近づくための足掛かりとして大きめのオブジェクトを設置し、拠点3を経由しない進行ルートを増やすことで攻略の幅を広げます。


▼拠点3周辺

塵煙の激闘画像01


▼本拠点付近

塵煙の激闘画像02 塵煙の激闘画像03

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。



●「対岸の銃火」について

戦艦型本拠点と、それを覆うドーム状オブジェクトの向きを180度変更します。併せて、南側本拠点周囲の空間も拡幅し、本拠点も設置位置を若干変更します。

防衛することにも意義が見いだせるようにしつつ、どの拠点へどの程度の戦力を配分するか?といった、戦場全体のバランスも考慮して戦うことができるような調整を行います。


対岸の銃火画像01 対岸の銃火画像02

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。



5月中旬:戦闘時カメラタイプの追加

皆さんからもご意見やご要望が多い戦闘時のカメラタイプを2種類増やします!
 

現在、戦闘時のカメラは「タイプA」と「タイプB」の2種類ですが、これまでのものより少しカメラ位置を上方に移動したタイプを追加します。

下の画像を見ていただければ違いがわかるかと思います。


▼カメラタイプA(肩越し)   ▼新カメラタイプ(肩越し)
カメラタイプA   新カメラタイプ(肩越し)画像


▼カメラタイプB(通常)   ▼新カメラタイプ(通常)
カメラタイプB画像   新カメラタイプ(通常)画像

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。


戦闘中であってもキーボードの操作(初期設定「PageUp」キー)で切り替えられますので、使用する機体や皆さんの戦闘スタイルに合わせて、カメラタイプを選択していただければと思います。

 

5月下旬:機動戦士ガンダム サンダーボルト アバター獲得イベント

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズンが3月から配信スタートしていますが、皆さんはご覧になりましたか?

まだ第5話を視聴しただけですが、静かな始まりといった感じでしたね。
 

その第2シーズンで登場するキャラクターをイメージしたアバターが獲得できるイベントを行う予定で、準備を進めています!

今回はイオが所属する「スパルタン」と、ダリルが仲間から贈られた「SURVIVOR D.L.」の部隊章を模した機体エンブレムも用意していますので、お楽しみに!

 

5月下旬:新大規模戦フィールド

ライブ配信でもちらっとお見せした大規模戦フィールドの新マップ、「アクシズ居住区」の実装準備を進めています。

原作にて、ジュドーの駆るフルアーマーZZガンダムと、プルツーが操るクィン・マンサが激突した舞台をイメージした作りのフィールドで、アクシズ内の岩肌も見えるところに廃ビルが立ち並んでいます。
あの最終局面の雰囲気を感じられる作りになっています!


アクシズ居住区画像01 アクシズ居住区画像02

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。

 


現在予定している今後のアップデートやイベントの概要は以上です。

夏に少し大きめなイベント&キャンペーンを検討中で、機体コストを限定した大規模戦トーナメントなども予定しています。
6月以降に関しても準備を進めていますので、発表できる情報が整い次第、ライブ配信やこの開発運営だよりでもお知らせしていきます。

 


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第53回 4月度機体/武器調整についての補足

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

今回は、4月19日に実施を予定している格闘攻撃に関するバランス調整(以降格闘調整)に関して、いくつか補足いたします。

4月19日実施の機体/武器バランス調整に関する告知は<こちら


 

シールドを装備していない状態におけるダッシュ攻撃中に受けるダウンポイントの軽減

どの程度軽減されるのか皆さん気になっているかと思います。
現在、ダッシュ攻撃中に被弾した場合に受けるダウンポイントは通常時の2.5倍です。これを1.5倍まで軽減します。
これにより、特に少数の敵と対峙した状況において、これまでよりもダッシュ攻撃を選択しやすくなります。

 

シールドを装備解除できない機体のシールド装備解除を可能とする変更

お知らせにも掲載したとおり、現時点でシールドを装備解除できるよう変更する機体は以下の6機です。


【地球連邦軍】

・ジム・ガードカスタム
・ジム・ストライカー
・ジム・ストライカー(ネメシス隊仕様)
・ジーライン(アサルトアーマー)


【ジオン】

・グフカスタム
・ギャン


シールドを装備していないことで使用可能な武器や外見に大きく影響が生じる、可変形態にシールドを要する場合がある機体などは本調整の対象から除外しています。恐れ入りますが、ご理解いただけますと幸いです。

また、格闘攻撃に関連する特徴的な武装を持っているにも関わらず、今回調整の対象外となっている「シュツルム・ガルス」に関しては、対応が間に合わなかったため後日調整を行う予定で作業を進めています。
楽しみにお待ちいただいている方には大変申し訳なく感じておりますが、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


少し長くなりましたが、格闘調整に関する補足は以上です。
最後になりますが、これまでの数度バランス調整を行ってきているように、今後もゲーム内の状況を確認しつつ、適宜調整を実施していく予定です。

また、皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第52回 4月以降のアップデートスケジュールについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

4月に入って暖かくなり、桜も咲いてきましたね! 皆さんはお花見には行かれましたか?
私は自宅近くの川沿いへ見に行き、お花見団子も食べてきましたよ。
そんな桜の季節の4月と、それ以降のアップデート予定についてお知らせします!


 

■近日の予定

 

4月6日:ジム限定大規模戦トーナメント

皆さん、特設ページはご覧いただけましたか?
モノクロで始まるムービーが曲の雰囲気と相まってもの悲しさを感じさせますよね…。

というわけで!
ザク限定があるのならジム限定も!という声にお応えして、4(ジ)月6(ム)日に開催します!!


ジム限定大規模戦トーナメントバナー画像
※こちらのバナーから特設ページへリンクしています。


こちらもザク限定と同じように、両軍で使用可能な陸戦型ジムや装甲強化型ジムといったジム系機体onlyの大規模戦トーナメントです。
そして今回は宇宙マップもフィールドとして選定しているので、地上と宇宙で少しデッキ構成が変わるところも注目です。

 

■4月中の実施を予定している内容

 

ベルファストの改修

防衛を捨て置いても、いかに相手本拠点を素早く陥落させるかという速度勝負になっており、本拠点を防衛する意味が失われている状態です。
そのため、もう少し防衛することに意義が持てるよう、本拠点形状や海底の地形変更、水深の変更などを軸に調整を予定しています。

 

格闘攻撃に関するアップデート

ライブ配信でも発表した格闘攻撃に関するアップデートを4月に予定しています。
ダウンポイント制の導入以前より、ダッシュ格闘中にダメージを受けた場合は転倒等の被弾効果が発生しやすい仕組みでしたが、ダウンポイント制導入後もこの仕組みは継続して適用されています。
そのためダッシュ格闘を仕掛けた瞬間にマシンガンを数発受ける、バズーカの爆発がかすった程度で攻撃を止められる場面が度々あったかと思います。

一方で格闘攻撃は、相手に大きなダメージを与えるパンチ力を持ち合わせている攻撃手段でもあります。
しかし、ビームライフル等の射撃武器のほうが相手との距離を保ちつつ、被弾効果を与えて撃破しやすいこともあり、“相手に近づく=撃破されやすい” リスクを背負った格闘は選択しにくい環境でもあります。

以上のことを踏まえて、以下のような調整を現在検討しています。

・シールドを装備していない場合に限り、ダッシュ格闘中に受けるダウンポイントを現在よりも軽減する
・シールドを所持していない、格闘攻撃を主とした機体の格闘性能の向上


シールドには既に、受けるダウンポイントを軽減する効果があり、シールドの有無によって格闘距離へ接近するまでの優位性に差があることから、今回の調整では “シールドを所持していない機体” に対象を絞っています。
また、対象機体や詳細な調整内容は現在調整とテストを行っている段階ですので、情報が整い次第お知らせします。今しばらくお待ちください。

 

■5月以降の予定

 

ゴールデンウィークイベント

今年もやってくるゴールデンウィークに合わせて、ガンオンでもイベントを計画中です。
新しい機体を獲得できるイベントを準備中ですので、楽しみにお待ちください!


ニューヤークの改修

「対岸の銃火」、「塵煙の激闘」それぞれ改修を予定しています。


・「対岸の銃火」について
「対岸の銃火」も前述のベルファスト同様、いかに相手本拠点を素早く陥落させるかという速度勝負になっており、本拠点を防衛する意味が失われている状態です。
そのため、もう少し防衛することに意義が持てるよう、防衛のための足場や空間を確保するために、いくつかの本拠点の配置や本拠点周辺のオブジェクト形状の変更などを予定しています。


・「塵煙の激闘」について

「塵煙の激闘」はフィールド中央にある[拠点3]が攻略上非常に重要な位置に配置されています。

[拠点3]を支配して優位に進めることも、支配していても劣勢になることもあり、良くも悪くも[拠点3]をどのように使うかという点に尽きるマップ、攻略方法が半ば固定化しているマップとなっています。
 

そのように重要な[拠点3]ですが開けた場所に配置されていることもあり、狙撃やバズーカの的になりやすい=撃破されやすい場所でもあり、重要な拠点であるにもかかわらず奪い合いが難しい拠点になってしまっています。


これを改善するために、[拠点3]を覆うようにオブジェクトを配置することを検討しています。

[拠点3]をオブジェクトで覆うことで死角が生まれるため、[拠点3]を巡る攻防の駆け引きがこれまでよりも生まれるようになると捉えています。

 

またこれとは別に、今のように[拠点3]に偏重した攻略方法に変化を加えるべく、本拠点付近の開けた場所(座標C-7、G-7付近)にもオブジェクトを設置します。

この大きく開けた場所の存在により本拠点へ攻め上がりにくい状態にあると捉えているため、ここにオブジェクトを配置、[拠点3]を経ずとも敵軍本拠点へ近づくための足掛かりにします。


ニューヤーク-塵煙の激闘-マップ概要


現在予定している今後のアップデートやイベントの概要は以上です。

その他、シャングリラに続く新しい大規模戦フィールドの追加なども企画中ですので、楽しみにお待ちください!


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next