表示件数

機体タイプ

全体での変更項目

これまでは、機体や武器、固有モジュールなど様々な性能差をコスト間で設定していましたが、
機体コストの増加に伴う性能増加のバランスが大きい状態となっているため、
コスト間の性能差を縮めるアップデートを行います。

■機体性能調整
今回の機体バランス調整では、低中コストのアーマーをはじめとした機体性能を向上させ、
ビーム・ライフル、マシンガン、バズーカ、ショットガンなど汎用的な武器のパラメータを中心に調整を行うことで、コスト差が開いている場合でも、MS戦のダメージ応酬のバランスが向上するようにします。

▼主な調整対象となる武器タイプ
-ビーム・ライフル系統武器
-チャージ・ビーム・ライフル系統武器
-マシンガン系統武器
-ガトリング系統武器
-バルカン系統武器
-ショットガン系統武器
-バズーカ系統武器
-ミサイル系統武器
-迫撃砲系統武器
-格闘系統武器
-狙撃系統武器
-リペアトーチ系統武器
※一部機体・武器については本調整の適用対象外となります。また、調整内容は機体によって異なります。


■爆風ヒット位置により変動するダメージ判定の調整
バズーカ系統武器の爆風ヒット位置によるダメージ・ダウンポイントの減衰率を緩和します。
本調整は主に武器取り出しモーションの存在する爆発系武器に適用され、攻撃の始動に利用した際の性能の向上を行います。
※一部武器については本調整の適用対象外となります。


■リペアポッド系統武器の調整
リペアポッド周辺に機体が密集した場合に効果範囲がわかりづらかったため、
本調整では、リペアポッドの効果範囲を拡大し、効果範囲が視覚的にわかるようエフェクトを追加します。
※敵チームのリペアポッドのエフェクトは表示されません。
※本拠点のリペアポッドには適用されません。


■機体の撃破・被撃破時に戦力ゲージへ与えるダメージ量の調整
高いコスト帯の機体を対象に、撃破・被撃破時に戦力ゲージへ与えるダメージ量が上昇します。


調整内容の詳細については以下の機体毎の調整リストをご参照ください。


ページの先頭へ戻る