お知らせ

2018/09/21 20:15

【10月実施予定】バランス調整について

日頃より『機動戦士ガンダムオンライン』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

開発運営チームでは、全体的な機体・武器のバランス調整を2018年10月中旬に実施する予定で準備を進めており、その調整方針や概要の一部をお知らせいたします。

 

当該の調整により、各ガシャコン等で販売していた機体、および販売中の機体については性能が変更になる可能性がございます。あらかじめご了承のうえ、ご購入くださいますようお願いいたします。


機体/武器バランス調整について
現状のゲームバランスにおいて、一部機体や武器のパフォーマンスに差があり、機体の選択に偏りがあることを確認しています。
そのため、より多くの機体や武器を使用していただけるようなゲームバランスの調整を実施する予定です。

 

[爆発系武器の調整]

2018年5月に実施した爆風ヒット位置により変動するダメージ判定の調整により、一部の武器については用途が狭まってしまい選択されにくい状態になっていることを確認しています。

そのため、以下の武器タイプに対し他の武器や味方との連携の起点となるように武器性能の調整を実施する予定です。

※対象武器や値については後日改めてご案内いたします。

▼バズーカ、ロケット・ランチャー、ブラスト弾系武器 (一部武器を除く)

威力やダウンポイントを上昇させることで、格闘を含めた他の武器や味方との連携をしやすくする予定です。


▼マゼラ・トップ砲、180mmキャノン砲、炸裂弾系武器 (一部武器を除く)

バズーカ系武器やチャージ・ビーム・ライフルなどと比較し、用途として中途半端な立ち位置となっており、差別化を行うには大幅な変更が必要と考えています。
本武器タイプについては連続でヒットさせなくても1ヒットでパフォーマンスを発揮できるよう、威力やダウンポイントを上昇させる代わりに弾数の減少やリロード時間を増加させる調整を予定しています。 


[本拠点リペアポッド、補給艦のアーマーの回復量の調整]

本拠点リペアポッドと補給艦によるアーマーの回復力を増加する予定です。


[機体のヒット位置に応じたダメージ補正機能の実装]
機体サイズの差による耐久度の問題を緩和し、大型の機体でも中~遠距離のMS戦時にパフォーマンスを発揮することを目的として、被弾時のヒット位置が機体中心部から一定以上離れていた場合に被ダメージおよび被ダウンポイントが減少する機能を実装する予定です。
格闘武器や、リペア・トーチなどの武器を除く一部射撃武器による攻撃が対象となる予定です。

本追加機能に関しましては、機体の戦績や使用率、お客様のご意見を参考に今後も継続的な調整を検討してまいります。

[その他の調整]

上記以外にも一部の機体・武器の調整を実施する予定です。

 

 

調整の詳細な情報や追加情報に関しては、内容が決まり次第あらためてお知らせしてまいります。

開発の進捗やテスト結果等により内容を変更、あるいは調整を取りやめる項目、または対象の追加が生じる場合もございます。


機動戦士ガンダムオンラインチーム