開発運営だより

第83回 2020年8月実施予定のバランス調整について

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

さて今回の開発運営だよりでは先日告知をいたしました7月8日実施予定の一部機体の個別調整、8月に実施予定のバランス調整についてお伝えいたします。


7月8日実施予定の機体個別調整について


実施概要につきましては<7月8日定期メンテナンスの実施について>の告知をご覧ください。


■フリーダムガンダム

撃破率など攻撃面のパフォーマンスは発揮されていましたが、被撃破率が同コスト帯の機体と比較して高い状況でした。防御性能の不足にはいくつかの要因がありますが、この中でもアーマー値、被DP値などの純粋な防御性能に加えて敵機を止めて自分を守る性能を中心とした調整を実施します。


■ダブルオーガンダム

ツインドライヴシステムとGNフィールドによる防御力を持つ機体ですが、現状ではバリア効果を持つ類似した機体よりも被撃破率が高く十分に防御性能を活かせていない状況でした。
そのため移動速度の上昇と、一部武器の命中精度向上機能が適用されるロックオン距離を調整し、現在よりも敵機から離れた距離を維持しやすくすることで生存時間の向上を図ります。また、攻撃面ではタイミングを見て敵を撃破できるチャンスが増えるようTRANS-AM再使用にかかるまでの時間を短縮します。
GNビームサーベル(二刀流)系統については一部ダッシュ攻撃時、不自然に遅く見えていた状態を改善いたしました。

 

8月実施予定のバランス調整について


実施概要につきましては<[8月実施予定]バランス調整について>の告知をご覧ください。


格闘武器の機能追加と調整について

今後、より様々なバトルレンジで戦闘を楽しんでいただけるように対戦環境の整備と格闘攻撃に関する機能のアップデートを実施する予定です。
この調整では格闘武器による通常攻撃に機能を追加し、現在のダッシュ攻撃を主体としたバトルに更に通常攻撃の利用価値を付加することによって格闘攻撃によるアクション性の拡張を行う予定です。今までのMS戦でパイロットがこれまでに培ったプレイ感を損なわないよう調整いたします。

また以前より多くお問合せをいただいている「ダッシュ攻撃を連続で使用し移動に利用することで高い本拠点到達率を持つ機体」によって本拠点防衛が困難となっている状況について対策を行います。


7/3のバランス調整告知公開以降、格闘攻撃全般の利便性低下やボリノーク・サマーンのシザースクローなどへ影響に対する懸念、意見・ご質問をいただいております。これらも踏まえて運営開発チームにてテストを進めながら慎重に調整・検討を行ってまいります。

高DPダメージをもつ一部射撃武器の交戦距離について

ロックオン距離に応じた命中精度向上機能を持つ武器の中でも、一撃で転倒を奪取する高いDPダメージを持ちさらに機体本体の移動速度や耐久値が高い組み合わせにおいて、命中精度向上機能が適用されるロックオン距離へ接近がしやすく反撃や対処が困難になっております。この問題について該当となる機体の武器を中心に調整する事により、一般的な機体が持つ多くの連続攻撃の始動向け武器が利用されるよう調整を行います。

 

■本拠点攻撃・拠点制圧に関する調整

機体・武器関連以外にも拠点に関連するアップデートも予定しております。

 

現状チームで集団による本拠点に攻撃を仕掛けた際、本拠点を攻撃したパイロットは与ダメージに応じたスコアを獲得できるものの、先陣をきって撃破されたパイロットは何もスコアを獲得できない状態でした。
そこでチームの攻撃をサポートしたパイロットは、その行動がスコアとして評価されるよう調整を行います。

また大規模戦の戦力ゲージ状況に応じて、劣勢チームの拠点制圧力が上昇する機能を追加し、劣勢な場合でも戦況を均衡へ押し戻すチャンスが生まれるようにします

 

これらの他にも一部機体の個別調整も予定しております。
詳細な情報は改めて後日公開いたしますので今しばらくお待ちください。



以上がバランス調整についての開発運営だよりとなります。

 

ここからは7月に開催予定のイベント・キャンペーンについてお知らせします!

まず7月8日は「ガンダム(RX-78)の日」ということでさまざまなイベントを開催予定です!


選ばれしガンダムのみで出撃するトーナメントイベント「ガンオンファイトGUNDAM」をはじめ、
ガンダムの日にちなんだ新機体の設計図獲得イベントも実施予定!
7/8 00:00には公式Twitterや公式LINEで強化アイテムを78個獲得できるアイテムコードも配布いたします!

 

 

さらにサマフェスイベントなどアツいキャンペーンが目白押しとなっていますのでぜひ楽しみにおまちください。


※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next