開発運営だより

第89回 公開テストについて

開発運営だより

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサーの小池です。

 

今回は本日お知らせした「2021年5月統合整備計画 公開テスト」の調整方針と、2月21日に実施した「オンラインファンミーティング」後に皆様からいただいた一部のご質問にお答えさせていただきます。


公開テストについて

公開テスト

 

本日、2021年5月統合整備計画 公開テストに関するお知らせを公開いたしました。

公開テストは2回実施を予定しており、合わせてアンケートも行います。


アンケートでいただいたご意見やテストプレイを通じてパイロットの皆さまから得られた戦闘データをもとに、5月末に大型バランス調整を行う予定です。

 

公開テストでは製品の品質向上や改善のためのご意見、データ取集を目的としておりますが、参加したパイロットの皆様が楽しんでプレイ出来ること、楽しめる環境であることが重要だと考えています。

より楽しいと思えるガンダムオンラインへ向けて、短いテスト期間ではありますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

公開テストの詳細は<こちら>をご確認ください。


公開テスト版の調整内容に関する方針を開発・運営だよりでお伝えします。

 

■公開テスト版のバトルバランス調整方針について

 

機動戦士ガンダムオンライン 公開テスト版では、ガンダム作品に登場した多種多様な機体群が戦場で活躍しやすくなるバトルバランス調整の一部と、戦闘のスキルと成果を正しく評価するためのスコアの調整、水中での機体操作に緊急回避を可能にするアップデートが導入されます。

 

この新たな試みをテストするための公開テスト版サーバーは4月9日(金)オープンを予定しています。

 

■公開テスト版の調整方針:モビルスーツ戦闘

 

多種多様な機体が戦闘に参加し、これまでよりも機体間同士の戦闘が楽しめるよう、機体ごとの武器性能、防御性能の差を狭め、戦闘を開始する距離への接近を阻害している要素を調整して敵機と交戦する距離へ接近しやすくし、交戦中も強力な武器を持つ機体に即座に撃破されてしまわないよう調整を行います。

 

・武器の調整

これまでのバトル環境は、ロックオンシステムの命中精度を向上させる機能の登場によって、一定の射程圏内に入ると即座に撃破されてしまい敵と交戦を開始した後の時間が短く、または一方的なものとなりモビルスーツ同士の戦闘を楽しむには駆け引きが成立しにくい状況でした。

 

公開テスト版ではロックオン距離による性能補正距離内でのロックオンマーカーが敵機からやや離れるようにし、命中精度を向上させる機能の弾道の補正を緩やかにすることで照準操作が必要なように調整します。

 

この変更によって、敵機に狙われた場合でも機体の操作によって回避できる可能性を高め、交戦を開始した後の駆け引きを行う時間が長くなるように変更を行う予定です。

 

命中精度を向上させる機能を持つ武器の弾道の補正はこれまでの必ず敵機に向かって命中する精度ではなく、敵機のシルエットに照準を合わせていれば命中を補助する程度の補正量となります。

 

また、命中精度を向上させる機能のうち、集弾性能が大幅に上昇する機能は変更いたしません。

これによってセミオートビーム・ライフル系統や単式マシンガン系統の武器は接近すれば素早い敵機や照準し難い状況でも命中させやすく、フルオート系の武器は通常では弾が散りやすい集弾性能が大幅に改善することでその威力を発揮しやすくなるバランスとなるかをテストします。

 

・防御性能の調整

 

ガード体制やサイコ・フィールド(覚醒)などの強力な防御系固有モジュールを持つ機体と持たない機体間で被弾効果の発生頻度の差が大きくならないように調整を行い、そのうえで敵機の移動を広範囲で停止させやすい一部爆風武器のDP値を下げます。

 

更に中遠距離から敵機を転倒させやすい一部チャージ系武器では前述の命中精度を向上させる機能を除外し、照準操作が必要なようにすることによって、汎用的な機体でも弾幕の中で移動が停止しにくくなるような調整を行いました

 

■公開テスト版の調整方針:大規模戦の獲得スコア

大規模戦における獲得スコアについて、撃破数や本拠点攻撃を重視した獲得値に調整し、撃破数や本拠点攻撃ダメージがより順位に反映されやすくなるよう調整します。

 

また撃破数のボーナススコアについては、自機が撃破された場合や機体を乗り換えた場合でも継続するように条件を変更します。

 

これによって長時間生存し撃破を積み重ねるプレイスタイルと、接近戦で撃破されやすいプレイスタイルの獲得スコア量に差が生まれにくいようにします。

 

 

オンラインファンミーティングでいただいた質問について

先日「機動戦士ガンダムオンライン」オンラインファンミーティングを実施いたしました。ご参加いただいたパイロットの皆さまには改めて感謝申し上げます。

 

オンラインファンミーティングは、不定期ではありますが今後も実施を検討しておりますので、今回惜しくもご当選されなかった応募者の皆さま、応募されなかった皆さまも次回ぜひご応募ください。

 

当日プロデューサーへの質問コーナーにていただいた質問や要望、後日参加者の皆さまに回答いただいたアンケートでいただいた質問・要望について一部を取り上げて回答いたします。

 

本来であれば全ての質問にお応えしたいところではあるのですが、開発運営だより上にテキストで記載するのみではニュアンスを伝えづらい部分がありますので、この場での回答が難しいと思われる質問やご意見については別途生放送などを活用して回答させていただく予定ですのでご了承ください。

 

 

後日アンケートでいただいた意見・質問

質問・要望の内容 プロデューサーからの回答
一部の最新機体や特定の武器が強すぎます。一方で過去に配信された機体や400コストの機体など現在の環境についていけておらず使いづらいです。

 

今回の公開テストにて、まずはバトルバランス全体の調整を進めていくところではありますが、過去に配信された機体にスポットを当てた機体バランス調整も定期的に数機ずつ実施していくことを想定しております。

 

ロックオンのステータスの強化恩恵が薄いので見直してほしいです。

 

ロックオン機能については多くのご意見をいただいております。今回実施する公開テストを踏まえて全体的に調整を加える予定です。

 

公開テストではアンケートも実施いたしますので、公開テスト版をプレイいただき、ご意見はぜひアンケートにてお寄せください。

 

マッチングの際にチーム間で戦力差が大きく一方的な勝敗結果になる戦場が発生している点について、対応を行う予定はありますか。

 

戦場においてチーム間で戦力が偏るマッチングが発生する状況については、開発・運営チームとしても問題視しております。

 

こちらは混合戦や同軍戦の発生頻度調整をはじめ、システムの改修で対応を進めていく予定です。

 

機体特性を変更できるようにしてほしいです。

 

現在、強化機能を拡張するアップデートを計画しています。


詳細は改めてご案内する予定ですのでお待ちください。

 

アクションキーと運搬キーを分けるなど、誤発動しないような対応をしてほしいです。

 

ご意見ありがとうございます。こちらも定期的に要望をいただく内容で、開発・運営チームでも問題として認識しておりますので、検討を進めてまいります。

 

混合戦のマップが少ないので増やしてほしいです。

 

混合戦や同軍戦の大規模戦フィールドは継続的に公開していく予定ですのでお待ちください。

 

狙撃機体や砲撃機体の調整予定はありますか。

 

現状、戦場に出現する機体の兵科が限定的なものになっている状況は開発・運営チームとしても認識しています。

 

先ずは5月の統合整備にてバトルのバランス全体を調整した後に兵科ごとの特徴付けを見直し、現在あまり戦場で使われない兵科がより活躍できるようなかたちで検討を進めてまいります。

 

友達と遊べるようなコンテンツを追加する予定はありますか。

 

プレイヤーの皆さまがルームを作成し、フレンドなどを招待してチームに分かれて戦うことができるなど、幅広くご利用いただけるようなカスタムマッチ機能を構想中です。

 

 

その他にもアンケートではお気に入りの機体に対しての要望であったり、ゲームバランス、サウンド、マップなど様々のゲームへのご意見、 配信やファンミーティングについてのご意見、小池自身へのご質問など様々いただきました。全て目を通させていただき、 今後の開発に役立ててまいります。

 

本当にありがとうございました。

 

また、アンケートの質問でもありましたマッチング・陣営間バランスについて 現在も多くのお問合せをいただいているに関わらず、対応が遅れやシステムによる対応の不足がございましたこと深くお詫び申し上げます。

 

今後の対応方針としまして、小隊機能の範囲を超るような、故意に有利なマッチングを作り出せてしまう問題に対し、 システムの改修により公平なマッチングとなるよう対応を行ってまいります。

 

以上が今回の運営だよりとなります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

皆様より日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。

 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next