開発運営だより

第38回 2月24日統合整備計画について

いつもプレイしていただき、ありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの西村です。

本日公開いたしました統合整備計画の概要のお知らせについて、皆様が気になっている「機体・武器の全体的なバランス調整」は
これまでと同様に機体や武器のパラメータの調整を予定しておりますが、その中の一部情報を紹介させていただきます。


【地球連邦軍:ガンダム試作3号機】
GP03こと「ガンダム試作3号機」は、今回の統合整備計画で新たな武器を2点追加いたします。

邀撃ミサイル   大型収束ミサイル
邀撃ミサイル   大型収束ミサイル


「邀撃ミサイル」は誘導型のミサイル弾道武器、「大型収束ミサイル」は強力な威力と爆発範囲を持つ武器となっており
これらは「爆導索」との内臓切替が可能となってますので、これまでとは違った戦闘の組み立てができるようになる予定です。
※なお「邀撃ミサイル」と「大型収束ミサイル」を同時に装備することはできません。

【地球連邦軍:ジェスタ】
「ジェスタ」は今回、全体的に上方修正となるビームライフル系、マゼラトップ砲系武器の調整の恩恵を受けるほか、
一部ビームサーベル系武器の格闘モーションを当てやすいモーションに変更いたします。

ビーム・サーベルD出力強化型
ビーム・サーベルD出力強化型
※当画像はスロー状態で撮影しております。 


これらの調整により決定力が高まり、ロケット系武器からの組み立てがより強固になる予定です。



【ジオン:ケンプファー(重撃装備)】
「ケンプファー(重撃装備)」は機動力の向上を目的として最高速度の調整を行うほか、
重撃タイプとしての特徴を出すために「ショットガン(スラッグ弾)」や「2挺ジャイアント・バズ(榴弾)」の調整を行います。

【ジオン:ギャン】
ニードルミサイルの威力調整に加え、「専用ビーム・サーベル」は性能調整のほかに新たなタイプ追加と一部の格闘モーションを当てやすいモーションに変更いたします。

専用ビーム・サーベルD式
専用ビーム・サーベルD式
※当画像はスロー状態で撮影しております。 


その他にも多くの機体や武装の調整を予定しております。
詳細につきましては追ってお知らせいたしますので、楽しみにお待ちいただけますようお願い申し上げます。


今後とも機動戦士ガンダムオンラインをよろしくお願いいたします。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next