開発運営だより

第46回 統合整備計画後の転倒等の発生条件について

いつもプレイいただき、ありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

先に統合整備計画の実施をお知らせしましたが、その中でもとりわけ重要な点となる「転倒/よろけ/怯み」の発生条件の変更についてご紹介いたします。
長くなりますが、戦い方が大きく変わる根幹の部分ですので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

■「転倒/よろけ/怯み」の発生条件と現状について

現時点での転倒の発生条件を大まかに説明すると、[武器の威力]と[被弾した機体のバランス値]のどちらが勝っているかで判断しています。

転倒/よろけ/怯み」が発生した機体は一時的に行動できなくなるため、いかに相手を「転倒/よろけ/怯み」させるかが攻撃の鍵となっている状態で、かつ「転倒/よろけ/怯み」を与えられる武器を持っているか否かが、使う機体を選ぶ一つの基準ともなっています。

■本調整の狙いについて

今回の調整で目指したものは、「多人数対戦ゲームとしての楽しさをあらためて明確にする」ことであり、『戦闘における新しい駆け引き』や『仲間との連携』を引き出すことです。これは大規模人数でプレイするガンダムオンラインにおいて必要不可欠な要素と考えています。

転倒/よろけ/怯み」の条件を変え、武器の選択肢を広げたうえで、個人でも活躍でき、かつ仲間と連携することで強い相手に挑みつつ、共に戦況を変えていけるようなバランスを、今回の調整で目指しました。

前置きが長くなりましたが、10月26日に実施する統合整備計画における新しい転倒の仕組みをご説明いたします。

■転倒等被弾効果の新しい仕様について

ではバランス調整後は“どのようにして転倒や怯みが発生するのか”を、少し具体的にご説明します。
なお以下に掲載するすべての画像、数値は開発中のものですので変更となる場合もあります。

機体に「ダウンゲージ」という、アーマーや被ダメージとは異なる数値を設定し、これが一定量減ると「怯み」や「よろけ」が発生するようになります。
このダウンゲージは敵軍側にも表示されます(友軍機のダウンゲージは表示されません)。

・自機ダウンゲージ表示位置
自機ダウンゲージサムネイル


・敵機ダウンゲージ表示位置
敵機ダウンゲージサムネイル


このゲージは全機体共通の数値を設定していて、コストや兵科などによって異なることはありませんし、機体強化含め何かしらの手段で増やすこともできません。

ダウンゲージには[緑色]と[黄色]の2段階あり、最初は[緑色]の表示です。
被弾するとこのダウンゲージが減少していき、ダウンゲージ[緑]が消失すると「怯み」が発生します。
怯みが発生すると、ゲージが[緑色]から[黄色]へ変わり、このダウンゲージ[黄色]の状態で被弾し続けゲージが消失すると「よろけ」が発生します。


 ダウンゲージ(緑色)



ダウンゲージ[緑]の状態。
このゲージが左端へ到達すると「怯み」が発生する。 

 ダウンゲージ(黄色)



ダウンゲージ[緑]がすべて消失すると、このように黄色へ変わる。
この状態でダメージを受け続けると「よろけ」が発生する。


なおダウンゲージ[黄色](下図)が消失した状態でダメージを受け続けても、それ以上の被弾効果(転倒)は発生しません。


 被弾効果発生時のゲージ


ダウンゲージを消失させると、このように被弾効果が発生する。

 

また、転倒のおおまかな条件は…
・接地していない状態でダウンゲージ[黄色]が消失したとき
・格闘プログラムなどの「転倒を付与する効果」を持つ攻撃を受けたとき
・ダッシュ格闘攻撃を受けたとき
です。

その他にも、無重力フィールドではどうなるのか?などなど、いろいろな疑問もあるかと思いますが、細かな条件は後日発表する統合整備計画の告知にてお知らせします。

▼ダウンゲージの回復について
ダウンゲージはただ減るだけではありません。ちゃんと回復します。
数秒間ダメージを受けずにいると徐々に回復していくようになっています。
ですが、回復中に新たにダメージを受けると回復は止まり、再度ダウンゲージも減っていきます。
また現時点では、何かしらの手段で回復速度を上昇させることはできません。

■ダウンゲージへ与えるダメージについて

次に、“どうやってダウンゲージを減らすのか”についてご説明します。
先にも少し触れましたが、ダウンゲージはアーマーとは異なります。そのため武器の威力がそのままダウンゲージへのダメージとはなりません。
武器に新しいパラメータ「ダウンポイント(DP)」を設定し、これがダウンゲージに与えるダメージ値となります。

ダウンポイント表示位置

 

このDPは、威力が高くてDPが低い武器、DPが高くで威力が低い武器といった具合に、武器によって異なります。
これ以外にも、フルオート(FA)なのかセミオート(SA)なのか、直撃なのか爆風によるダメージなのか、内蔵武器か切り替え時間があるのか、重量など様々な要素を加味してDPが設定されています。
そのため内蔵武器だから強い、威力が高いから強いとは一概には比較できないようになり、武器の選択や組み合わせも重要になります。

長くなりましたが、転倒に関する概要は以上です。


 

これまでのように高い威力で一気に撃破することも可能で、「狙ってしっかり当てる」「直撃させる」ことで、これまでと同じように被弾効果を与えることもできます。
そこへ、被弾効果を与えている間に継続したダメージを与えて撃破する、ダウンダメージを継続的に与えて動きを止める・攻撃を受けないようにするといったことが加わることになりますので、戦い方の幅が広がります。

単独でこのような戦い方もできますし、仲間と協力することでより強力な攻撃を相手に与える、あるいは敵機の侵攻を阻止することもできるようもなります。

威力の高い武器が無ければダメといった状況から大きく変わり、プレイスタイルや状況に合わせた武器の選択の幅が広がりますので、統合整備計画が実施されたら皆さんも、これまで使っていなかった武器と武器の組み合わせを発掘してみてください!

なお現在も細かな部分で調整を行っていますので、テスト結果によっては記事の内容から変わる可能性もあります。すみません。

■その他の新しい要素について

今回の統合整備ではシールドの調整、支援のトーチの仕様調整など、兵科ごとに調整を行なっています。
他にも、敵機の撃破に関与したパイロット全員に撃破ポイントを与えるような仕組みの導入など、[連携が楽しくなる要素]を今回の統合整備計画に盛り込んでいます。
このあたりは後日掲載する統合整備計画の告知にてお知らせする予定です。
また、大型アップデートに関する情報も近々公開いたしますのでお楽しみに!

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next