開発運営だより

第90回 公開テストについて

開発運営だより

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの大井です。 

 

今回は近日予定している2021年5月統合整備計画を含めた大型アップデートについて、調整に関する方針とバトルバランス調整以外のアップデート内容についてお知らせいたします。


2021年5月統合整備計画について

まずは第1回、第2回の公開テストにご参加いただいた皆さまには改めて感謝申し上げます。

 

2021年5月に大型バランス調整を行うにあたり、公開テストで取得した戦闘データやアンケートでいただいた意見を踏まえ、今回行う統合整備計画では性能差が大きい機体や武器の調整を行い、さまざまな機体が戦場で活躍しやすくなるようバトルバランスの調整を行います。

 

■第1回公開テストについて

第1回公開テストでは多くご意見を頂いていたロックオンのシステムについて調整を行い、ロックオン距離による性能補正機能と通常ロックオン時における敵機から照準が離れる距離を中心に調整を行いました。

 

この調整によって命中精度の変化やそれによって撃破しにくくなる機体の確認、ロックオン機能に関するパフォーマンスの観測を行いました。

 

これらはロックオンのパラメータ強化による変化量を大きくして強化の意味を持たせるとともにプレイスキルが反映される射撃戦ができること、「命中精度を向上させる機能」によって命中精度が高く威力とダウンポイントを与えやすい武器に偏っていた武器パフォーマンスの性能差を縮めることを目的としていました。

 

第1回公開テスト版でのロックオンシステムの挙動は通常ロックオンでは実際のロックオン値よりもやや敵機から照準が離れ、「距離による性能補正」効果中はロックオン値に応じた照準の距離となるよう調整を行っておりましたが、通常ロックオンから「距離による性能補正」へ状態が変化した場合に照準がブレて命中させにくい状況が発生することが問題としてありました。

 

そこで、通常ロックオンと「距離による性能補正」効果中の敵機から照準が離れる距離をロックオン値通りのものから変化させない対応を第2回公開テスト版へ向けて準備を始めました。

 

しかしこの対応を行うことによって通常ロックオンを利用した中~遠距離からの攻撃が苛烈になり、以前のバトル環境で問題となっていた敵機へ接近しづらく、戦場全体が膠着する状況へ戻ってしまうことが懸念されていました。

 

さまざまな機体が戦闘に参加しモビルスーツ戦を楽しんでいただける環境にするにはロックオンの挙動や特定機体の防御性能が修正された上で、フルオートマシンガン、ショットガン、格闘攻撃など汎用的な武器を持つ機体が攻撃を敵機へ当てることができる距離へまず接近できることが重要だと考えております。

 

 

■第2回公開テストについて 

第2回公開では第1回の公開テストで得た機体データやアンケートでのご意見ご要望を元に先ずは新しいバトル環境において命中精度が低下したことによって突出した性能を発揮する一部機体の性能を整える対応を中心に行いました。

 

その際には公開テスト版環境における特殊なプレイ環境であることを考慮し、本来の大規模戦であれば十分にプレイヤーが対処できる範囲であるかどうかを慎重に検討致しました。

 

ロックオンのシステムについては「距離による性能補正」効果中の敵機から照準が離れる距離をロックオン値通りのものから変化させない対応を適用するとともに、戦場の膠着に対する懸念への対策として「ブースト移動中の射撃による集弾のブレ」を大きくすることによって通常ロックオン状態では命中精度をすこし下げ、敵機へ接近しやすくすると共に「距離による性能補正」機能によって接近時に集弾性能が向上し、接近するメリットがあるバトル環境となるための試みを行いました。

 

この対応による命中精度の変化による武器や機体の性能差を調整し、さらにその環境の中でかねてより調整を要望頂いていた400コストの機体がどの程度の強さを発揮する等の観測を行いつつ、各機体の生存時間、中~遠距離を得意とする機体の撃破パフォーマンスデータを注視し、近接攻撃が届く距離まで接近することが可能なバトル環境であることを確認できました。

 

このバトル環境は「一定距離まで接近したら即座に撃破される」これまでのロックオン機能の問題の修正と合わせることにより、戦闘の駆け引きをより楽しめるバトル環境になると考えております。

 

■次回アップデートと今後の対応について

次回の統合整備計画ではお知らせでご案内しました通り、第2回公開テストをベースとして各個別の機体調整を行うことで実施致します。


中でも突出したパフォーマンスを発揮したいくつかの機体については第2回公開テストからの再調整が行われております。


一部機体のビーム・マグナムのDPや威力、ビームソーの弾道の補正値や、一部照射系武器の威力、105mm単装砲等のロックオン値を始めとした一部機体の武器が対象となります。
詳細につきましては本日公開させていただきました以下の告知をご確認ください。

 

 [5月19日実施]統合整備計画について

 

しかし照準の重要性が増したバトル環境において「中遠距離での命中精度を抑制する目的で調整したブースト移動中の集弾のブレ」による中遠距離での射撃が当てにくくなる点については、バランス調整アップデート後のバトル全体の状況を見て調整を行うか慎重に判断したいと考えております。


大型アップデート内容について

 

■マッチング・階級システムについて

 

大差による決着が多くなるなど、対戦チーム間でのバランスについて、お客様よりご指摘をいただいております。

 

大規模戦において、戦況を動かす鍵となるパイロットの多くはその戦場内での上位階級である事が多く、

上位階級帯のプレイヤー間でのプレイスキルやプレイスタイルによる評価格差が取れなくなっていることが大差決着の要因の一つと考え、これに対応したいと考えております。

 

特に影響の多くは、将官帯であり、その上位階級プレイヤーとなる大将の人口です。

将官帯の人口の中では、とりわけ大将の人口が増え続けていることから、各階級帯の人口分布に偏りがおこり、これらの人口分布の不適正については、リカバリーポイント等による昇格難易度の緩和によるものだと見ています。

 

つきましては、現在の階級分布の状況に進行していることを踏まえ、下記にてお知らせしております通り

 

階級のリセット対応について

 

全パイロットの階級を2階級降格の上、リカバリーポイントの調整や、その他スコア獲得条件の改正が入った条件下で、再度階級人口の適正化を図らせていただくことと致しました。

 

また次回以降のアップデートではこの状況に対するシステムの追加・改修も行う予定です。

 

■育成新機能「アドバンストカスタム」について

 

大型アップデートの中で新機能「アドバンストカスタム」の追加を予定しています。
アドバンストカスタムは、専用のアイテムを消費することで、未解放の特性や追加の強化回数を獲得することができる機能となる予定です。


解放した特性は重複して発動するものではなく、戦場には所持している特性の中から1つをセットして出撃できます。
また解放した特性も強化することが可能です。

専用のアイテムはパイロットパスやイベントなど大規模戦をプレイすることで入手することができます。
また専用アイテムの一部はカスタムしたい機体と同じ機体の設計図でも代用することができる予定です。

 

すでに所持している設計図などは売却せずに大事に保管してお待ちください。

 

 アドバンストカスタム機能の追加に合わせて次回のアップデート以降、パイロットパスの報酬をリニューアルし、パイロットパス専用機体に代わり、アドバンストカスタム用のアイテムがパイロットパスから先行して獲得できるようになります。


紹介したもの以外のパイロットパスの新たな報酬については改めてご案内いたしますので続報をお待ちください。


イベントキャンペーンについて

5月12日メンテナンスより、大型アップデートに向けたカウントダウンキャンペーンを開催中です。


大型アップデートでは豪華アイテムがもらえるログインボーナスキャンペーンをはじめとして、劇場版『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』との連動キャンペーンなどさまざまなイベント・キャンペーンを実施予定ですので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。


 ※掲載内容は現在予定している内容です。

 状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第89回 公開テストについて

開発運営だより

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサーの小池です。

 

今回は本日お知らせした「2021年5月統合整備計画 公開テスト」の調整方針と、2月21日に実施した「オンラインファンミーティング」後に皆様からいただいた一部のご質問にお答えさせていただきます。


公開テストについて

公開テスト

 

本日、2021年5月統合整備計画 公開テストに関するお知らせを公開いたしました。

公開テストは2回実施を予定しており、合わせてアンケートも行います。


アンケートでいただいたご意見やテストプレイを通じてパイロットの皆さまから得られた戦闘データをもとに、5月末に大型バランス調整を行う予定です。


公開テストでは製品の品質向上や改善のためのご意見、データ取集を目的としておりますが、参加したパイロットの皆様が楽しんでプレイ出来ること、楽しめる環境であることが重要だと考えています。

より楽しいと思えるガンダムオンラインへ向けて、短いテスト期間ではありますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

公開テストの詳細は<こちら>をご確認ください。


公開テスト版の調整内容に関する方針を開発・運営だよりでお伝えします。

 

■公開テスト版のバトルバランス調整方針について

 

機動戦士ガンダムオンライン 公開テスト版では、ガンダム作品に登場した多種多様な機体群が戦場で活躍しやすくなるバトルバランス調整の一部と、戦闘のスキルと成果を正しく評価するためのスコアの調整、水中での機体操作に緊急回避を可能にするアップデートが導入されます。

 

この新たな試みをテストするための公開テスト版サーバーは4月9日(金)オープンを予定しています。

 

■公開テスト版の調整方針:モビルスーツ戦闘

 

多種多様な機体が戦闘に参加し、これまでよりも機体間同士の戦闘が楽しめるよう、機体ごとの武器性能、防御性能の差を狭め、戦闘を開始する距離への接近を阻害している要素を調整して敵機と交戦する距離へ接近しやすくし、交戦中も強力な武器を持つ機体に即座に撃破されてしまわないよう調整を行います。


・武器の調整

これまでのバトル環境は、ロックオンシステムの命中精度を向上させる機能の登場によって、一定の射程圏内に入ると即座に撃破されてしまい敵と交戦を開始した後の時間が短く、または一方的なものとなりモビルスーツ同士の戦闘を楽しむには駆け引きが成立しにくい状況でした。

 

公開テスト版ではロックオン距離による性能補正距離内でのロックオンマーカーが敵機からやや離れるようにし、命中精度を向上させる機能の弾道の補正を緩やかにすることで照準操作が必要なように調整します。

 

この変更によって、敵機に狙われた場合でも機体の操作によって回避できる可能性を高め、交戦を開始した後の駆け引きを行う時間が長くなるように変更を行う予定です。

 

命中精度を向上させる機能を持つ武器の弾道の補正はこれまでの必ず敵機に向かって命中する精度ではなく、敵機のシルエットに照準を合わせていれば命中を補助する程度の補正量となります。

 

また、命中精度を向上させる機能のうち、集弾性能が大幅に上昇する機能は変更いたしません。

これによってセミオートビーム・ライフル系統や単式マシンガン系統の武器は接近すれば素早い敵機や照準し難い状況でも命中させやすく、フルオート系の武器は通常では弾が散りやすい集弾性能が大幅に改善することでその威力を発揮しやすくなるバランスとなるかをテストします。


・防御性能の調整

 

ガード体制やサイコ・フィールド(覚醒)などの強力な防御系固有モジュールを持つ機体と持たない機体間で被弾効果の発生頻度の差が大きくならないように調整を行い、そのうえで敵機の移動を広範囲で停止させやすい一部爆風武器のDP値を下げます。

 

更に中遠距離から敵機を転倒させやすい一部チャージ系武器では前述の命中精度を向上させる機能を除外し、照準操作が必要なようにすることによって、汎用的な機体でも弾幕の中で移動が停止しにくくなるような調整を行いました

 

■公開テスト版の調整方針:大規模戦の獲得スコア

大規模戦における獲得スコアについて、撃破数や本拠点攻撃を重視した獲得値に調整し、撃破数や本拠点攻撃ダメージがより順位に反映されやすくなるよう調整します。

 

また撃破数のボーナススコアについては、自機が撃破された場合や機体を乗り換えた場合でも継続するように条件を変更します。

 

これによって長時間生存し撃破を積み重ねるプレイスタイルと、接近戦で撃破されやすいプレイスタイルの獲得スコア量に差が生まれにくいようにします。

 

 

オンラインファンミーティングでいただいた質問について

先日「機動戦士ガンダムオンライン」オンラインファンミーティングを実施いたしました。ご参加いただいたパイロットの皆さまには改めて感謝申し上げます。

 

オンラインファンミーティングは、不定期ではありますが今後も実施を検討しておりますので、今回惜しくもご当選されなかった応募者の皆さま、応募されなかった皆さまも次回ぜひご応募ください。

 

当日プロデューサーへの質問コーナーにていただいた質問や要望、後日参加者の皆さまに回答いただいたアンケートでいただいた質問・要望について一部を取り上げて回答いたします。

 

本来であれば全ての質問にお応えしたいところではあるのですが、開発運営だより上にテキストで記載するのみではニュアンスを伝えづらい部分がありますので、この場での回答が難しいと思われる質問やご意見については別途生放送などを活用して回答させていただく予定ですのでご了承ください。

 

 

後日アンケートでいただいた意見・質問

質問・要望の内容 プロデューサーからの回答
一部の最新機体や特定の武器が強すぎます。一方で過去に配信された機体や400コストの機体など現在の環境についていけておらず使いづらいです。

 

今回の公開テストにて、まずはバトルバランス全体の調整を進めていくところではありますが、過去に配信された機体にスポットを当てた機体バランス調整も定期的に数機ずつ実施していくことを想定しております。

 

ロックオンのステータスの強化恩恵が薄いので見直してほしいです。

 

ロックオン機能については多くのご意見をいただいております。今回実施する公開テストを踏まえて全体的に調整を加える予定です。

 

公開テストではアンケートも実施いたしますので、公開テスト版をプレイいただき、ご意見はぜひアンケートにてお寄せください。

 

マッチングの際にチーム間で戦力差が大きく一方的な勝敗結果になる戦場が発生している点について、対応を行う予定はありますか。

 

戦場においてチーム間で戦力が偏るマッチングが発生する状況については、開発・運営チームとしても問題視しております。

 

こちらは混合戦や同軍戦の発生頻度調整をはじめ、システムの改修で対応を進めていく予定です。

 

機体特性を変更できるようにしてほしいです。

 

現在、強化機能を拡張するアップデートを計画しています。


詳細は改めてご案内する予定ですのでお待ちください。

 

アクションキーと運搬キーを分けるなど、誤発動しないような対応をしてほしいです。

 

ご意見ありがとうございます。こちらも定期的に要望をいただく内容で、開発・運営チームでも問題として認識しておりますので、検討を進めてまいります。

 

混合戦のマップが少ないので増やしてほしいです。

 

混合戦や同軍戦の大規模戦フィールドは継続的に公開していく予定ですのでお待ちください。

 

狙撃機体や砲撃機体の調整予定はありますか。

 

現状、戦場に出現する機体の兵科が限定的なものになっている状況は開発・運営チームとしても認識しています。

 

先ずは5月の統合整備にてバトルのバランス全体を調整した後に兵科ごとの特徴付けを見直し、現在あまり戦場で使われない兵科がより活躍できるようなかたちで検討を進めてまいります。

 

友達と遊べるようなコンテンツを追加する予定はありますか。

 

プレイヤーの皆さまがルームを作成し、フレンドなどを招待してチームに分かれて戦うことができるなど、幅広くご利用いただけるようなカスタムマッチ機能を構想中です。

 

 

その他にもアンケートではお気に入りの機体に対しての要望であったり、ゲームバランス、サウンド、マップなど様々のゲームへのご意見、 配信やファンミーティングについてのご意見、小池自身へのご質問など様々いただきました。全て目を通させていただき、 今後の開発に役立ててまいります。

 

本当にありがとうございました。

 

また、アンケートの質問でもありましたマッチング・陣営間バランスについて 現在も多くのお問合せをいただいているに関わらず、対応が遅れやシステムによる対応の不足がございましたこと深くお詫び申し上げます。

 

今後の対応方針としまして、小隊機能の範囲を超るような、故意に有利なマッチングを作り出せてしまう問題に対し、 システムの改修により公平なマッチングとなるよう対応を行ってまいります。

 

以上が今回の運営だよりとなります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

皆様より日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。

 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第88回 今後のアップデートについて

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイいただきありがとうございます。プロデューサーの小池です。

 

Twitterでもご案内させていただきました通り、1月23日に予定しておりました『ガンオン公式生配信~大型アップデートVICTORY~』について、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う非常事態宣言を受け、夜間の外出自粛や出演者や関係スタッフの健康・安全を第一に考慮し中止を決定いたしました。
楽しみにしていただいていた方々には誠に申し訳ございません。

 

今回は、生配信にて直接お伝え出来なかった今後のバトルバランス、マッチングに関する調整の方針や公開テストサーバー、オンラインファンミーティングの先行情報、また1月27日より実施中のお得なキャンペーン等についてお知らせします。

 

また本日<1月27日のアップデート>にて新たに「機動戦士Vガンダム」「機動戦士クロスボーン・ガンダム」シリーズの機体が参戦いたしました!
2月以降も本シリーズの機体が続々参戦予定ですので楽しみにお待ちください!

 



バトルバランスの調整について


機体・武器については大規模戦でより幅広い機体・武器で活躍できるよう、これまでよりも敵に接近しやすくし、かつ交戦中の駆け引き時間が長くなるような調整を実施予定です。
またスコア獲得量については、以前よりも戦闘に関与したプレイヤーのスコア獲得量を増やすことで、戦闘に対する活躍がより順位に反映されるようにし、積極的に戦闘を行ったプレイヤーほど階級が上がりやすくなるよう調整を行います。

 

■機体・武器に関する調整

ロックオンの性能補正について、命中精度向上機能の調整を行います。また命中精度向上機能を持たない武器についても調整を行い、武器間のパフォーマンス差を縮める調整を予定しております。

またモビルスーツ戦の駆け引きが発生する時間が長くなるよう、DPダメージに関する調整を機体・武器の双方から実施予定です。そのほか特殊な防御効果の有無による機体間の生存時間差を縮める調整や、水中で緊急回避が可能になる調整を予定しております。


■戦闘中の獲得スコアに関する調整

撃破スコア、本拠点防衛、拠点制圧などの貢献スコア、戦略兵器スコアについて獲得量の調整を予定しております。

 

■公開テストサーバーについて

これらのバランス調整については、公開テストサーバーを設置しパイロットの皆さまのご意見も伺いながら進めていく予定です。 また新年のご挨拶で掲載したロードマップに記載されている、その他の調整やアップデートについても順次開発を進めておりますので引き続き情報をお待ちください。

 

テストサーバーの公開時期や参加方法といった詳細につきましては、2月中にご案内できるよう準備を進めております。

大規模戦の参戦予約待ち時間の対応について


接続人数が少ない時間帯を中心に、片方の陣営の参戦予約人数が少ない場合で一定以上の参戦予約待ち時間が発生した場合に、混合戦形式でマッチングが成立するように調整を行います。

例えばオーダーの参戦予約人数が35人、リベリオンの参戦予約人数が65人の場合、従来は参戦予約待ち時間に関わらずマッチングが成立しない状態となっていましたが、一定の待ち時間の発生を条件に混合戦形式でマッチングが成立するようになります。

オンラインファンミーティングについて


機動戦士ガンダムオンライン初のオンラインファンイベントを2月末に開催予定です。
事前に申し込んだお客様の中から抽選で参加者を決定いたします。 応募方法やイベントの詳細については2月3日に公開予定のイベント特設サイトにて公開予定ですので楽しみにお待ち下さい!

 

【2月3日 20:30追記】
2月3日に公開を予定しておりましたオンラインファンミーティングの詳細および参加者の募集案内について、確認に時間を要しており近日中に公開予定です。誠に申し訳ございませんがご案内まで今しばらくお待ちください。


今回の開発・運営だよりは以上となります!

最後までご覧いただいたパイロットの皆さまに向けてアイテムコードを用意いたしました!
アイテムコードをゲーム内に入力し、大規模戦に参戦するだけで応募できる<プレゼントキャンペーン>も開催中ですので奮ってご参加ください!

 

 

■アイテムコード

NKN2-RD8Q-BZ8F-TR3M
アイテムコード有効期限:2021年2月3日メンテナンスまで
※アイテムコードはアカウント内の1パイロットにのみ使用可能です

 

■アイテムコード内容

アイテム名 個数
 DXガシャコンチケット  1個
 マスターメカニックチケット   1個
 機体倉庫拡張チケット  10個 
 GPハロチケット  2個

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第87回 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。謹んでお礼を申し上げます。
昨年は新たに「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「機動戦士ガンダムAGE」が参戦したほか、かねて要望をいただいていた宇宙世紀の作品にも焦点を当て「機動戦士Zガンダム」35周年を記念した連動キャンペーンを実施しました。
またバトルシステムや階級の機能追加、ハロメダルやデイリーガシャコン改など、バトルシステム・ゲームサイクル双方でさまざまなをアップデートを行った1年となりました。
『機動戦士ガンダムオンライン』が8周年を迎えることができたのもひとえに皆さまのご支援の賜物と、運営・開発スタッフ一同心より感謝しております。
2020年12月20日に実施した<公式生配信>にて公開した以下のロードマップでもお伝えいたしましたとおり、2021年も様々なアップデートを計画しています。もちろん、お客様からアンケートやお問い合わせ等でいただいているご意見も踏まえながらバトルやマッチングを中心に改善を行っていくとともに、新シリーズとして「機動戦士Vガンダム」の参戦を予定しておりますのでぜひご期待ください!
今後も皆さまにご満足いただけるサービスを提供できるよう、誠心誠意努力してまいりますので『機動戦士ガンダムオンライン』をどうぞよろしくお願いいたします。
まだまだ厳しい寒さが続きますが、パイロットの皆さまもお体には気を付けてよいお正月、ガンオンライフをお過ごしください。

本年も、機動戦士ガンダムオンラインをどうぞよろしくお願いいたします。
この記事に対するご意見をお寄せください。

第86回 プロデューサーレター

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサーの小池です。 


 先日配信させていただきました<ただいまガンオン中#4>内にてご説明させていただきましたが、改めて階級やマッチングに関する調整、および陣営間のバトルバランスとそれに関するいくつかの調整について、開発運営だよりにてご案内させていただきます。


今後のバトルバランスについて


■バトルバランスに関する今後の方針について

現状の陣営間におけるバトルバランスを考慮し、交戦距離差の問題と機体固有の能力による移動距離、継続戦闘時間差の問題について対応を実施いたします。

交戦距離に関しては、特定の武器の射程距離が長い事によって多くの機体の汎用系武器がその射程に届かず、機体利用の幅を阻害している状況になっています。
そのためより多くの機体が活躍できるよう、今回交戦距離が長い要因となっている武器について調整を行うこと、また陣営間差の要因となっている機体に対抗できるような調整を行うことを判断いたしました。

次に特定機体の固有モジュールの機能に依存した長距離移動、継続戦闘時間の差によって、陣営間で戦術の幅に差が生じている問題です。この問題に対し、移動面での影響を抑えるためのマップ構造の調整と、それらの機体に対抗できるような調整を実施したうえで、その一部固有モジュール効果、機体性能について対抗する陣営側へ新たに追加を行う予定です。

これらの調整のうち一部を10月21日に実施いたします。調整の内容については<こちら>のお知らせをご確認ください。

■一部機体のバランス調整について

皆さまから多くご意見としてお寄せいただいていたにも関わらず検討にお時間をいただき大変申し訳ございません。今回の対応では機体「フリーダムガンダム」の持つ一部武器、一部固有モジュール機能の性能低下を含む調整を実施する判断となりました。すでにフリーダムガンダムでお楽しみいただいている皆さまにおかれましてもこの様な調整のご報告となり重ねてお詫び申し上げます。

武器「クスィフィアス・レール砲」の性能は、命中補正機能を超える射程外でも高い命中精度とパフォーマンスを発揮し、それによって他の「命中補正機能」射程圏内で戦闘する機体で戦闘しづらい状況となっており、また固有モジュール「SEED」により継続戦闘能力と併せて戦場の優位性が高い状況でした。

また8月5日に実施した<ロックオン距離に応じた命中精度向上機能を持つ一部射撃武器の調整>にて調整されて武器群に対抗できるよう、交戦距離の問題から固有モジュール「SEED」発動中のDP耐性を高く設定しておりましたが、この部分についてもバランス調整を重ねるうえで変化した現状の環境に即したかたちで調整させていただきつつ、前線に出る必要が出てくることが予測されることからアーマー、およびシールドの耐久値の調整を行う予定です。

本対応はフリーダムガンダムの調整と合わせて多くご要望を頂いている機体の個別調整、次に記載するマップの調整と併せて慎重に検討、テストを実施したうえで10月21日の実施を予定しております。

 

■一部大規模戦フィールドの高度、遮蔽構造の調整

特定の空間が広く移動性能が影響しやすいマップにおいて、迎撃が難しい高度での長距離移動を用いた本拠点攻撃や、遮蔽が少ない空間での戦闘により、陣営間での勝率の偏りが高い状況にある事を確認しております。 これらを踏まえ、特定のマップに対し暫定的に高度を調整する仕組みを導入し、さらに一部のマップでは攻撃を避けるための遮蔽構造の見直しを行う予定です。詳細についてはお知らせにて今後ご案内を行ってまいりますので今しばらくお待ちください。本対応は10月21日を予定しております。

 

■一部固有モジュール効果、機体性能に関する対抗陣営への追加について

こちらは固有モジュール性能に合致するイメージを持った機体の制作を進めており、11月以降でのリリースを予定しております。お時間をいただくかたちとなりますが、情報をお届けできる状態になりましたらお知らせにてご案内してまいります。

 

階級システムについて


階級につきまして、陣営の勝敗による影響が大きく上位に入賞できる実力を持ったプレイヤーであっても階級が上げづらい状況にあります。この対応として、上位半数程度に入っていれば連敗後の勝利時に一定量のポイントが返還され、昇格試験を受けやすくなるように対策を行います。

 

併せて、参戦している自身の階級と他パイロットの平均階級に差がある戦場における評価補正や指揮官で参戦時の評価についても緩和を行います。
これらの対応については10月から11月にかけて順次対応を行う予定です。

 

マッチングシステムついて


マッチングにつきまして、前述の階級システムに由来した陣営人数の偏りや同一階級帯の人数が揃いにくいことで、公平なマッチングを行うのに時間を要する深夜などの遅い時間帯を中心に、マッチングしづらい状況になっております。

この問題を解決するために、マッチングする階級帯を拡大する対応をさせていただきましたが、各階級帯ごとの人数差のある戦場を確認しておりました。不均衡な戦場が発生していた点につきましては、皆さまにはご迷惑をおかけしましたこと改めてお詫びいたします。
現在、各階級帯の人数がある程度増えてきたことから、将官を中心とした階級については以前のような戦闘が楽しめるようにマッチングの設定を行っております。また同一階級が揃いづらい時間帯においては、<9月30日の更新内容について>でご案内している通り「特殊戦闘」を発生させることでマッチングしづらい問題を解決してまいります。

同じく9月30日にリリースした「特殊戦闘」マップについては、今後バリエーションを用意することを主として対応を進めております。10月中にも2つのマップをリリースするなど、継続してバリエーションと最適化されたマップのリリースを行ってまいります。


以上が今後のアップデートについての開発運営だよりとなります。

ここからはイベント・キャンペーンのお知らせです。 


9月30日からはZガンダム35周年を記念した「MEMORIAL OF Z」キャンペーンを開催中です!

上記キャンペーンに併せて、10月7日からはゴールド設計図や最大154プレイ分の特別なガシャコンチケットがもらえるキャンペーンも開催予定ですのでぜひ楽しみにおまちください。

 

 

またPCガンダムゲーム5タイトルで開催中のプレゼントキャンペーンも9月30日から開催中ですので、奮ってご参加ください!

 

 

今回の開発運営だよりは以上となります。

今後とも皆さまのお声を参考に、ガンオンをより良いゲームとして盛り上げてまいりますので、よろしくお願いいたします。
本ページ下部にあるフォームよりぜひご意見・ご感想などお送りください!


※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next