開発運営だより

第54回 5月以降のアップデートスケジュールについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

先日のライブ配信はいかがでしたか?
ガンプラのゼータガンダムやバーザムにまつわるお話はとても興味深く、面白かったですね! 並々ならぬ熱意を感じられました。
さて今回はそのライブ配信でも少し触れた、これからのアップデートスケジュールについてお伝えします!


 

■5月の予定

 

5月17日:ニューヤーク改修

先の開発運営だよりでもお伝えした、大規模戦フィールド「ニューヤーク」の改修を行う予定です。
 

●「塵煙の激闘」について

拠点3を挟んだ駆け引きの活性化を目的として、拠点3周辺にオブジェクトを追加します。

併せて下の画像のように、敵本拠点へ近づくための足掛かりとして大きめのオブジェクトを設置し、拠点3を経由しない進行ルートを増やすことで攻略の幅を広げます。


▼拠点3周辺

塵煙の激闘画像01


▼本拠点付近

塵煙の激闘画像02 塵煙の激闘画像03

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。



●「対岸の銃火」について

戦艦型本拠点と、それを覆うドーム状オブジェクトの向きを180度変更します。併せて、南側本拠点周囲の空間も拡幅し、本拠点も設置位置を若干変更します。

防衛することにも意義が見いだせるようにしつつ、どの拠点へどの程度の戦力を配分するか?といった、戦場全体のバランスも考慮して戦うことができるような調整を行います。


対岸の銃火画像01 対岸の銃火画像02

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。



5月中旬:戦闘時カメラタイプの追加

皆さんからもご意見やご要望が多い戦闘時のカメラタイプを2種類増やします!
 

現在、戦闘時のカメラは「タイプA」と「タイプB」の2種類ですが、これまでのものより少しカメラ位置を上方に移動したタイプを追加します。

下の画像を見ていただければ違いがわかるかと思います。


▼カメラタイプA(肩越し)   ▼新カメラタイプ(肩越し)
カメラタイプA   新カメラタイプ(肩越し)画像


▼カメラタイプB(通常)   ▼新カメラタイプ(通常)
カメラタイプB画像   新カメラタイプ(通常)画像

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。


戦闘中であってもキーボードの操作(初期設定「PageUp」キー)で切り替えられますので、使用する機体や皆さんの戦闘スタイルに合わせて、カメラタイプを選択していただければと思います。

 

5月下旬:機動戦士ガンダム サンダーボルト アバター獲得イベント

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズンが3月から配信スタートしていますが、皆さんはご覧になりましたか?

まだ第5話を視聴しただけですが、静かな始まりといった感じでしたね。
 

その第2シーズンで登場するキャラクターをイメージしたアバターが獲得できるイベントを行う予定で、準備を進めています!

今回はイオが所属する「スパルタン」と、ダリルが仲間から贈られた「SURVIVOR D.L.」の部隊章を模した機体エンブレムも用意していますので、お楽しみに!

 

5月下旬:新大規模戦フィールド

ライブ配信でもちらっとお見せした大規模戦フィールドの新マップ、「アクシズ居住区」の実装準備を進めています。

原作にて、ジュドーの駆るフルアーマーZZガンダムと、プルツーが操るクィン・マンサが激突した舞台をイメージした作りのフィールドで、アクシズ内の岩肌も見えるところに廃ビルが立ち並んでいます。
あの最終局面の雰囲気を感じられる作りになっています!


アクシズ居住区画像01 アクシズ居住区画像02

※画像はすべて開発中のものです。そのため予告なく変更する場合があります。

 


現在予定している今後のアップデートやイベントの概要は以上です。

夏に少し大きめなイベント&キャンペーンを検討中で、機体コストを限定した大規模戦トーナメントなども予定しています。
6月以降に関しても準備を進めていますので、発表できる情報が整い次第、ライブ配信やこの開発運営だよりでもお知らせしていきます。

 


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第53回 4月度機体/武器調整についての補足

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

今回は、4月19日に実施を予定している格闘攻撃に関するバランス調整(以降格闘調整)に関して、いくつか補足いたします。

4月19日実施の機体/武器バランス調整に関する告知は<こちら


 

シールドを装備していない状態におけるダッシュ攻撃中に受けるダウンポイントの軽減

どの程度軽減されるのか皆さん気になっているかと思います。
現在、ダッシュ攻撃中に被弾した場合に受けるダウンポイントは通常時の2.5倍です。これを1.5倍まで軽減します。
これにより、特に少数の敵と対峙した状況において、これまでよりもダッシュ攻撃を選択しやすくなります。

 

シールドを装備解除できない機体のシールド装備解除を可能とする変更

お知らせにも掲載したとおり、現時点でシールドを装備解除できるよう変更する機体は以下の6機です。


【地球連邦軍】

・ジム・ガードカスタム
・ジム・ストライカー
・ジム・ストライカー(ネメシス隊仕様)
・ジーライン(アサルトアーマー)


【ジオン】

・グフカスタム
・ギャン


シールドを装備していないことで使用可能な武器や外見に大きく影響が生じる、可変形態にシールドを要する場合がある機体などは本調整の対象から除外しています。恐れ入りますが、ご理解いただけますと幸いです。

また、格闘攻撃に関連する特徴的な武装を持っているにも関わらず、今回調整の対象外となっている「シュツルム・ガルス」に関しては、対応が間に合わなかったため後日調整を行う予定で作業を進めています。
楽しみにお待ちいただいている方には大変申し訳なく感じておりますが、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


少し長くなりましたが、格闘調整に関する補足は以上です。
最後になりますが、これまでの数度バランス調整を行ってきているように、今後もゲーム内の状況を確認しつつ、適宜調整を実施していく予定です。

また、皆さまより日々いただくご意見もスタッフ一同目を通していますので、ゲームバランスに関するご意見やご要望がありましたら、本ページ下部にあるフォームよりお送りいただけると嬉しい限りです。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第52回 4月以降のアップデートスケジュールについて

ヘッダー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

4月に入って暖かくなり、桜も咲いてきましたね! 皆さんはお花見には行かれましたか?
私は自宅近くの川沿いへ見に行き、お花見団子も食べてきましたよ。
そんな桜の季節の4月と、それ以降のアップデート予定についてお知らせします!


 

■近日の予定

 

4月6日:ジム限定大規模戦トーナメント

皆さん、特設ページはご覧いただけましたか?
モノクロで始まるムービーが曲の雰囲気と相まってもの悲しさを感じさせますよね…。

というわけで!
ザク限定があるのならジム限定も!という声にお応えして、4(ジ)月6(ム)日に開催します!!


ジム限定大規模戦トーナメントバナー画像
※こちらのバナーから特設ページへリンクしています。


こちらもザク限定と同じように、両軍で使用可能な陸戦型ジムや装甲強化型ジムといったジム系機体onlyの大規模戦トーナメントです。
そして今回は宇宙マップもフィールドとして選定しているので、地上と宇宙で少しデッキ構成が変わるところも注目です。

 

■4月中の実施を予定している内容

 

ベルファストの改修

防衛を捨て置いても、いかに相手本拠点を素早く陥落させるかという速度勝負になっており、本拠点を防衛する意味が失われている状態です。
そのため、もう少し防衛することに意義が持てるよう、本拠点形状や海底の地形変更、水深の変更などを軸に調整を予定しています。

 

格闘攻撃に関するアップデート

ライブ配信でも発表した格闘攻撃に関するアップデートを4月に予定しています。
ダウンポイント制の導入以前より、ダッシュ格闘中にダメージを受けた場合は転倒等の被弾効果が発生しやすい仕組みでしたが、ダウンポイント制導入後もこの仕組みは継続して適用されています。
そのためダッシュ格闘を仕掛けた瞬間にマシンガンを数発受ける、バズーカの爆発がかすった程度で攻撃を止められる場面が度々あったかと思います。

一方で格闘攻撃は、相手に大きなダメージを与えるパンチ力を持ち合わせている攻撃手段でもあります。
しかし、ビームライフル等の射撃武器のほうが相手との距離を保ちつつ、被弾効果を与えて撃破しやすいこともあり、“相手に近づく=撃破されやすい” リスクを背負った格闘は選択しにくい環境でもあります。

以上のことを踏まえて、以下のような調整を現在検討しています。

・シールドを装備していない場合に限り、ダッシュ格闘中に受けるダウンポイントを現在よりも軽減する
・シールドを所持していない、格闘攻撃を主とした機体の格闘性能の向上


シールドには既に、受けるダウンポイントを軽減する効果があり、シールドの有無によって格闘距離へ接近するまでの優位性に差があることから、今回の調整では “シールドを所持していない機体” に対象を絞っています。
また、対象機体や詳細な調整内容は現在調整とテストを行っている段階ですので、情報が整い次第お知らせします。今しばらくお待ちください。

 

■5月以降の予定

 

ゴールデンウィークイベント

今年もやってくるゴールデンウィークに合わせて、ガンオンでもイベントを計画中です。
新しい機体を獲得できるイベントを準備中ですので、楽しみにお待ちください!


ニューヤークの改修

「対岸の銃火」、「塵煙の激闘」それぞれ改修を予定しています。


・「対岸の銃火」について
「対岸の銃火」も前述のベルファスト同様、いかに相手本拠点を素早く陥落させるかという速度勝負になっており、本拠点を防衛する意味が失われている状態です。
そのため、もう少し防衛することに意義が持てるよう、防衛のための足場や空間を確保するために、いくつかの本拠点の配置や本拠点周辺のオブジェクト形状の変更などを予定しています。


・「塵煙の激闘」について

「塵煙の激闘」はフィールド中央にある[拠点3]が攻略上非常に重要な位置に配置されています。

[拠点3]を支配して優位に進めることも、支配していても劣勢になることもあり、良くも悪くも[拠点3]をどのように使うかという点に尽きるマップ、攻略方法が半ば固定化しているマップとなっています。
 

そのように重要な[拠点3]ですが開けた場所に配置されていることもあり、狙撃やバズーカの的になりやすい=撃破されやすい場所でもあり、重要な拠点であるにもかかわらず奪い合いが難しい拠点になってしまっています。


これを改善するために、[拠点3]を覆うようにオブジェクトを配置することを検討しています。

[拠点3]をオブジェクトで覆うことで死角が生まれるため、[拠点3]を巡る攻防の駆け引きがこれまでよりも生まれるようになると捉えています。

 

またこれとは別に、今のように[拠点3]に偏重した攻略方法に変化を加えるべく、本拠点付近の開けた場所(座標C-7、G-7付近)にもオブジェクトを設置します。

この大きく開けた場所の存在により本拠点へ攻め上がりにくい状態にあると捉えているため、ここにオブジェクトを配置、[拠点3]を経ずとも敵軍本拠点へ近づくための足掛かりにします。


ニューヤーク-塵煙の激闘-マップ概要


現在予定している今後のアップデートやイベントの概要は以上です。

その他、シャングリラに続く新しい大規模戦フィールドの追加なども企画中ですので、楽しみにお待ちください!


※なお掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第51回 3月以降のアップデートスケジュールについて

バナー画像

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。


まだまだ若干寒い日も続きますが、2月が終わり3月。春が近づく季節ですね。
ここではその3月と、それ以降に準備しているイベントやアップデート内容をお知らせしていきます!!


 

■近日の予定

 

3/8スタート:ホワイトデーイベント

3月最初は、やはりこれです。ホワイトデーイベント!
今回は『キャンディの詰め合わせ』アイテムアイコン画像(←コレ)を集めて、ジュドーやエル、キャラをイメージしたコーディネートアイテムをゲットしちゃいましょう!

そ・し・て・今年も倍返しあります! 誰が倍返ししてくれるかはお楽しみに…。


コーディネート例画像


3/9:ザクの日トーナメント

今年もこの日がやってきます!3月9日です!
搭乗機体をザクに限定した1日限りのトーナメントを開催しますので、皆さま奮ってご参加ください!!


ザク限定大規模戦トーナメントバナー画像


去年とは少し機体ラインナップを変えているのでお楽しみに。



■3月中の実施を予定している内容


ア・バオア・クー内部の改修

1月に「ア・バオア・クー内部」の一部改修を行いましたが、追加で以下の調整を行う予定です。


1.本拠点BとYがある区画に、上層(2階)へ登るためのスロープを設置
2.拠点4北側の吹き抜け部分へオブジェクトを設置

ア・バオア・クー改修予定画像01 ア・バオア・クー改修予定画像02
ア・バオア・クー改修予定画像03
※画像はすべて開発中のものです。そのため状況により内容を変更する場合があります。

拠点4を挟んだ攻防や、拠点4から来る敵機の迎撃は主に建物2階で行いますが、回復のための本拠点リペアポッドや試作型戦略兵器は1階に設置されています。
しかし1階から2階へ上がるには緊急帰投を使うか、本拠点CやZに至るスロープで高度を稼いでから本拠点上を経由する必要があり、アクセスが非常に悪い状態です。
これの緩和を目的として、1階から2階へ上がれるスロープの設置を予定しています。

また拠点1、2、3のある中央通路エリアと、拠点4を挟んだ南側エリアのそれぞれで撃ち合うことは多いのですが、拠点2から拠点4、あるいは拠点4から拠点2への攻撃は散発的に行われる程度です。
これは、拠点2が1階、拠点4は2階にあり高低差があることと、両拠点間にある吹き抜けが緩衝地帯のようになっているためと捉えています。
そこで、この吹き抜け部分に任意で上り下りできるオブジェクトを設置。上下階のアクセスを改善しつつ、拠点2から拠点4あるいはその逆への攻略の足掛かりとすることで、戦場がより活性化すると考えています。



キャリフォルニアベースの追加改修

昨年12月にキャリフォルニアベースの改修を行ないましたが、その後の状態を鑑みて再度手を加える予定です。
まず以前の改修に関しては、運河を挟んで膠着状態に陥る状態の改善を目指して、拠点配置の変更や通路、水路を新たに設置するなど、マップ南側を中心に改修を進めました。

その結果マップ南側の拠点3と、中央の拠点1を挟んだ交戦が行われるようになりましたが、そこから相手本拠点に近づけない状態にはあまり変化が起きていません。併せて、押し込まれた際の逆転要素に乏しいこともあり、初動で優勢になった陣営が勝利しやすい状態であると認識しています。

そこで今回は以下のような調整を加える予定です。


1.拠点2と拠点4から拠点3への射線上にオブジェクトを設置
2.拠点2と拠点4付近のオブジェクトの一部を撤去し、それぞれの拠点からの移動経路を増やす
3.戦術支援に補給艦ビーコンを追加し、逆転の足掛かりとする


拠点3を取っても、そこから相手本拠点へ近づきにくい状態であるためオブジェクトを新たに配置し、進軍の助けとなるようにする予定です。
併せて、拠点2と4付近には長く続く壁がありこれが戦場を区切っているうえ、その拠点から即座に南側へ移動できない状態です。この壁の一部を撤去し、戦場各所への展開やフォローをやりやすくするよう考えています。



本拠点リペアポッド モデル改修

本拠点のリペアポッドと支援MSが設置したリペアポッドが区別できない時はないでしょうか?
たまに起きる出来事で、少々困ってしまうことがあります…。
そういったリペアポッドの差別化と、重要な設備であることを見た目でわかるようにするため、本拠点リペアポッドのモデルを変更します。


本拠点リペアポッド画像 本拠点リペアポッド画像
※画像はすべて開発中のものです。そのため状況により内容を変更する場合があります。

新しい本拠点リペアポッドは大きいですよ!



イベント「MS撃破指令!」の開催

皆さんお馴染みの「MS撃破指令!」を開催します。
1週間で、地球連邦軍・ジオン両軍あわせた累計撃破数に応じて、報酬を受け取ることが出来るイベントです。
今回はマシュマー様ではなく、ギレン総帥自ら陣頭指揮を執られますので、皆さんの一層の奮起を期待します!



■4月以降の予定


格闘攻撃に関するアップデート

先のライブ配信内でも触れましたが、格闘攻撃に関するテコ入れを検討中です。
調整内容は現在検討中でありテスト中ですのでまだまだお知らせできる内容はありませんが…。内容が決まり次第お知らせしていきます!

私も格闘で敵機をザックリ斬り伏せるのは好きですが、今の環境ではなかなか思うように斬り込めません…。


現在予定している今後のアップデートやイベントの概要は以上です。

その他、4/6に一部の機体に限定した大規模戦トーナメントを予定していますし、来るGWには大型のイベントやキャンペーンを実施する予定で準備を進めています。
まだお話しできる状態にないので、詳しくお知らせできる時までしばしお待ちください!


ところで、新しく登場した大規模戦フィールドのシャングリラはいかがですか?
私の腕では本拠点にはなかなかたどり着けないですが、あちこちの物陰から顔を出して攻撃を仕掛けられるところは楽しく感じています。
本拠点にたどりついても、ネットに絡め取られて終るんですけどね……。

それでは今回はこのあたりにて。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第50回 ナビゲーターセレクトについて

いつもプレイいただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン運営チームの岡崎です。

開発運営だよりも今回で50回という節目を迎えました!
50回記念!のような特別な記事でないのは少し申し訳ないですが……今回は、今月中の実装を予定している『ナビゲーターセレクト』に関して、ちょっとだけ突っ込んでお話ししようと思います。
 

▼ナビゲーターセレクトとは?――――――――――

前回の開発運営だよりでもお知らせしたとおり、普段プレイヤーのナビゲーションをしてくれている「ノエル・アンダーソン」や「ユウキ・ナカサト」を、他の原作キャラクターに変更できる機能です。
気分を変えたいときや、原作に出てくるキャラクターにナビゲートしてほしいときに活用してみてください!
 

▼新規ナビゲーター発表――――――――――

さて今回は未発表の残り4人を一挙に公開します!
 

<地球連邦軍>
●ファ・ユイリィ 「機動戦士Zガンダム」および「機動戦士ガンダムZZ」より
ファ・ユイリィ


エマ・シーン 「機動戦士Zガンダム」より
エマ・シーン


<ジオン>
ハマーン・カーン 「機動戦士Zガンダム」および「機動戦士ガンダムZZ」より
ハマーン・カーン


マリーダ・クルス 「機動戦士ガンダムUC」より
マリーダ・クルス


4人いずれも魅力的ですよね!
ハマーン様万歳っ!!

▼ここがポイント――――――――――

では次に、ナビゲーターセレクトのポイントをご紹介します。まずは……

1.あの名台詞が蘇る!

それぞれのキャラクターに合わせた新しいセリフもありますが、原作で聞き慣れた"あの名台詞"を随所で聞くこともできます!
ここではその台詞を一部ご紹介。


●クリスチーナ・マッケンジー

-「正しい事なんてどこにも無い。自分に出来ることを、するしかないんだわ。」
-「少しお戻りが遅かったんじゃないですか?私、待ってたんですから。」


●コウ・ウラキ

-「それでも僕は、連邦の士官だ!」
-「ニンジン、いらないよ」
-「オムツ持参でお供します!」


●ファ・ユイリィ

-「艦長、出撃させてください!お願いします!」
-「ね、戦争が終わったら、また前みたいに学校へ行って喧嘩して、昔みたいになるわよね?」


●エマ・シーン

-「あなたから…私には分からない何かを感じる…」
-「戦いを終わらせる。それをあなたがやるのよ。」
-「沢山の人が、あなたを見守っている。あなたは一人じゃない。」


●アイナ・サハリン

-「私は…ギニアス兄さんの人形なんかじゃない!」
-「例え敵味方に分かれて戦ってはいても、分かりあう事はできる…」


●アナベル・ガトー

-「このアナベル・ガトーは…3年待ったのだ!」
-「多くの英霊達が無駄死にで無かった事の証の為に!」


●ハマーン・カーン

-「肉体があるから…ふふふ…やれるのさ!」
-「どう言われようと、己の運命は自分で切り開くのが私だ」
-「なぁに心配ない。次は勝つのであろう?」


●マリーダ・クルス

-「お前は光だ、そのまま道を照らし続ければいい。」
-「敗北しても「それでも」と言い続ければ、いつか必ず成し遂げられる。」
-「アイスクリーム……食べるか?」


2.いろいろな場所でナビゲーターがしゃべる!

ナビゲーターセレクトの実装に合わせて、全ナビゲーターが大規模戦中は当然として大規模戦"以外"にも語りかけてくれます。
パイロット選択後や参戦予約時、戦闘終了時にブリッジに帰ってきた時などなど、色々あります。
 

例えば…
ログインしてブリッジが表示されたときにクリスから、「少しお戻りが遅かったんじゃないですか?私、待ってたんですから。」なんて言われたり。
参戦予約時にコウ・ウラキから「オムツ持参でお供します!」とか。
はたまた戦闘に敗北後ブリッジに戻った際に、ハマーン様に「なぁに心配ない。次は勝つのであろう?」などと言われることもあるかもしれませんよ?!


箇所にもよりますが、2種類以上のボイスを用意している所もあるので、新規ナビゲーターを選択したときにはぜひ色々聞いてみてください!

 

3.ボイスは新規収録

新たに登場するナビゲーターのボイスは新規収録をしています。
皆さんご存じとは思いますが以下の方々にお願いしました。錚々たる顔ぶれですね!

 

・林原 めぐみさん(クリスチーナ・マッケンジー)
・堀川 りょうさん(コウ・ウラキ)
・新井 里美さん(ファ・ユイリィ)
・岡本 麻弥さん(エマ・シーン)
・井上 喜久子さん(アイナ・サハリン)
・大塚 明夫さん(アナベル・ガトー)
・榊原 良子さん(ハマーン・カーン)
・甲斐田 裕子さん(マリーダ・クルス)

 

ハマーン様やマリーダさんも捨てがたいのですが、個人的にはやはりガトー少佐に、厳しくも優しく話しかけていただきたいと思う次第であります!
そんなナビゲーターセレクトの実装日は近日お知らせしますので、楽しみにお待ちください。

 

※なお開発内容は状況により変更する場合がございます。
 あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next