開発運営だより

第78回 2020年2月以降のアップデートや今後の展開について

ヘッダー画像

 

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

 

2020年がスタートして早いものですでに1か月が経とうとしていますが、皆さまはどのようなガンオンライフをお過ごしでしょうか?

 

前回の開発運営だよりでもお伝えいたしましたとおり、2019年12月で「機動戦士ガンダムオンライン」は正式サービス開始7周年を迎えました。

 

また同時期に行った大型アップデート「BEYOND」に合わせて運営体制を一新するとともに、宇宙世紀の枠組みを超えた新しい作品の追加やバトルシステムのリニューアルなど、運営開発チームとしても大きなチャレンジを行いました。

 

アップデート後も皆さまにガンオンを盛り上げていただきました。誠にありがとうございます!

よりガンオンを楽しんでいただけるよう、引き続きのアップデートやイベントを今後も予定しています。

 

今回はガンダムオンラインの今後の展開や、その詳細の一部を皆さまに公開します!

 

今後の展開

 

■バトルシステム

去年12月の大型アップデートにて、バトル面では主に「ロックオンシステムの調整」「緊急回避の追加」を行い、戦闘の駆け引きの選択肢を広げるとともに、より幅広い機体や武器が新たな選択肢となるように調整を行いました。


現在は、ロックオンマーカーが赤色の状態(以後「赤ロックオン」)になる射程距離が、武器ごとに大きな差異が無いため、赤ロックオンが発生する射程距離で有効である近距離向け武器(主に照射系統やショットガン系統)あるいは遠方でも当てやすい爆発系統にパフォーマンスが偏っています。

 

この問題につきまして、今後ロックオンシステムのさらなるアップデートを行い、近距離武器のみだけでなく、その他のレンジで有効な武器がそれぞれよりパフォーマンスを発揮できるようにしてまいります。

 

■パイロットパス

同じく去年12月の大型アップデートで実装したパイロットパスについて、皆さまの達成率や進捗度合いのデータを参照したところ、各アクティビティの難易度に大きな差がある状態にありました。

 

今後はそれらの一部アクティビティの難易度を調整し、パイロットパスをより楽しめるようにする予定です。

また進めやすさ以外の部分についても今後アップデートを検討しております。


■その他/イベントなど

去年のライブ配信でも触れました「一部イベントアイテムの待機ボーナス適用」や「限定戦用機体の武器スロット変更」も現在鋭意開発中です。

お伝えさせていただいてからお待たせしており申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

 

そして去年の12月に一旦ピリオドを打ちましたライブ配信についてですが、これまでとは少し変わった内容でのリスタートを予定しています。

こちらにつきましても現在準備を進めておりますのでぜひご期待ください!

 

また上記のアップデートの他にも、1月末以降様々なイベントを用意しております! 

  

 

1月末以降のイベント

 

■新エクストラ設計図

イベントにて新エクストラ設計図の登場を予定しています。

ORDERからは「陸戦型ジム(レイス仕様)」、REBELLIONからは「高機動型ザクII 3S仕様[THE ORIGIN]」が登場予定です!

 

■新大規模戦フィールド

新大規模戦フィールド「ヘリオポリス」の実装を予定しています。

ヘリオポリスは、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場した場所ということで、あのキャラクター達もエースとして参戦予定!

 

ヘリオポリス01 ヘリオポリス02

 ※画像は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります。


■パイロットパスセクション2の開始

1月29日からパイロットパスのセクション2が開始されます!

今回もコーディネートアイテムを交換できるコーディネートパスが報酬として登場しています。


「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダム00」シリーズをモチーフとしたコーディネートアイテムになっております! 

 

ORDER   REBELLION
ORDER   REBELLION
 ※画像は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります。

他にもバレンタインにちなんだイベントなど、ここで紹介した内容のほかにも様々なイベントを用意しております!

 


そのほか大型アップデート「BEYOND」PVのナレーションPV、コメンタリーPVを公開しました!

今回はガンオン宣伝部でもおなじみの綾見有紀さん、竹田海渡さんに担当いただいておりますのでぜひ聴き比べてみてください!

 

▼ナレーションPV

 


▼オーディオコメンタリーPV



 

最後になりますが、この度機動戦士ガンダムオンラインの会員登録者数が100万人を突破いたしました!!!

 

 

去年の12月に正式サービス開始7周年を迎え、8年目を歩み始めているガンダムオンラインですが、

ここまでサービスを続けてこられたのも、ひとえにガンオンをプレイされている皆さまに盛り上げていただいたおかげです。本当にありがとうございます!

 

皆さまからのご期待にお応えしより楽しんでいただけるサービスを提供し続けられるよう、より一層努めてまいります!

少しお時間をいただきますが、100万人突破を記念したイベントも開催予定ですのでお楽しみに!

 

この記事に対するご意見をお寄せください。

第77回 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。謹んでお礼を申し上げます。
昨年は大型アップデート「BEYOND」により宇宙世紀の枠組みを超え、「機動戦士ガンダムSEED」や「機動戦士ガンダム00」といった新たな作品の参戦にくわえて、バトルシステムのリニューアルやパイロットパスシステムの追加など我々としてもチャレンジさせていただいた一年となりました。
皆さまからはこれからのガンオンへの応援や今後への期待、ご要望など様々なお声を寄せていただいており、『機動戦士ガンダムオンライン』は7周年という節目を迎えることができたのもひとえに皆さまのご支援の賜物と、運営・開発スタッフ一同心より感謝しております。
春頃には新たなバトルシステムを含めアップデートを行えるよう開発を進めていますので、ぜひご期待ください。
1月以降にも新たに地球連合軍やソレスタルビーイングの機体にくわえて、さらにZ.A.F.Tやユニオン、人類革新連盟の機体も続々登場する予定です。
また新たな大規模戦フィールドとして「ヘリオポリス」が登場予定ですのでこちらもお楽しみに!
2020年も皆さまに驚いていただけるような様々な仕掛けを用意しています。
アップデート後のバトル環境も日々刻々と変わってきており、熱いバトルに皆さまがご満足いただけるよう、誠心誠意努力してまいりますので『機動戦士ガンダムオンライン』をどうぞよろしくお願いいたします。
まだまだ厳しい寒さが続きますが、パイロットの皆さまもお体には気を付けてよいお正月、ガンオンライフをお過ごしください。


本年も、機動戦士ガンダムオンラインをどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
この記事に対するご意見をお寄せください。

第76回 11月実施予定のバランス調整について

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

はじめに、10/16(水)に開催しました「限定戦トーナメント 1st Choice」に関して、不具合発生のために開催中断になってしまったこと、またそれに伴い同週末に予定していた開催を中止したことを深くお詫び申しあげます。

現在修正対応を進めておりなるべく早い再開催を予定していますので、スケジュールが決まり次第お知らせいたします。申し訳ございませんが、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


さて今回の開発運営だよりでは先日告知をいたしました11月実施予定のバランス調整について、お客様から様々なご意見やご感想をいただいておりますので、その経緯や意図についてお伝えいたします。



11月実施予定のバランス調整について


実施概要につきましては<11月中旬実施予定のバランス調整について>の告知をご覧ください。



■シールドを装備できない機体のアーマー値の見直し

現在、シールド有無による被弾効果発生頻度の差は調整によって縮まったものの、ダメージに対する耐久面では機体パフォーマンスに差が出ている状況となっております。

そこで今回の調整では、シールドを持っていない機体を中心としたアーマー値を増加させることで、ダメージの面でもシールド有無の差を少なくし、被ダメージ・被弾効果の両面でシールド有無の差を縮める調整を実施いたします。



■一部機体の格闘攻撃を利用した移動速度の見直し

大規模戦のバトルバランスの状況をもとに、格闘攻撃による移動を利用した本拠点到達率が高くかつ到達時間が速い機体および、それらに準ずる機体性能や武器性能を持っている機体が今回の調整対象となります。

格闘攻撃による移動性能を抑制することと、それが要因となって今まで抑えられていた他の武器の性能を強化するといった調整を行う予定です。
また一部機体ではユニークな機能が持てるような調整も予定しておりますので、楽しみにしていてください!


イメージ

▲一例:
調整対象の1機であるイフリート・ナハトは格闘攻撃の威力を向上させ、コールド・クナイ系統武器からの格闘攻撃の連携をスムーズに行えるようにしたり、ステルス系統武器の調整を予定しています。



■機体中心からの距離に応じたダメージ減衰機能(体格減衰)の調整

被弾率は機体ごとの高さや横幅によって異なり、特に横幅が広い(あるいは高い)機体は他の機体よりも被弾するリスクが大きくなります。併せて、機体の移動時や攻撃時の姿勢などにも大きく影響を受けています。

そういった影響を受けにくくする対応として、機体の中心から被弾位置が離れるほどダメージが減少する機能をベースに、中心位置から被弾箇所までの距離によるダメージ減少の減衰量の調整を行います。



■一部大型機体のカメラ位置と視野角の調整

一部の機体では機体の画面占有率によって視界が遮られたり、高さのせいでカメラが地形に引っ掛かりやすく攻撃しにくい状況になります。
これらの問題について視野角の調整による視認性の向上や、高さが低く接触しやすい地形の調整を予定しております。



以上が、11月実施予定のバランス調整についての開発運営だよりとなります。

また、先日の定期メンテナンスからハロウィンに合わせて「ガンオン de ハロウィン」イベントがスタートしました!
さらに今後の展開として、10月末から機動戦士クロスボーン・ガンダム連載25周年を記念したコラボレーションキャンペーンを予定しています!
その特設サイトも公開しておりますのでぜひご覧ください。


「CAPTAIN STEEL」キャンペーン


▼特設サイト

https://msgo.bandainamco-ol.jp/CAPTAINSTEEL/


加えて、今月末のライブ配信では上記イベント・キャンペーンの詳細や、ちょっとしたお知らせも予定していますので是非ご覧ください!

並行して12月の7周年に向けて、みなさまに楽しんでいただけるような施策の準備を進めているところですので、そちらも合わせてお待ちいただければと思います。ぜひお楽しみに!



※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第75回 今後のアップデートについて

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

 

8月28日に実施した大型アップデート「Brandnew FORMULA」ですが、

誠に多くのパイロットの皆さまにガンオンを盛り上げていただいており、大変感謝しております!

 

今後も「ガンダムF91」「ビギナ・ギナ」の登場に続いて、『機動戦士ガンダムF91』に関連した
さまざまなイベントやアップデートを開催予定ですので、引き続き楽しみにお待ちください!

  

さて本日は、8月に実施しました統合整備計画の振り返りおよび今後のバランス調整に関する情報のほか、
9月、10月に予定しているイベント情報について紹介させていただきます!

 


8月に実施した統合整備計画と今後のバランス調整について

 

今回の統合整備計画では、被弾効果に焦点を当てダウンポイントゲージや、
一部武器カテゴリーを中心とした以下の調整を実施しました。

 

ダウンポイントゲージ量の増加によって、被弾効果が頻繁に発生し動けないまま撃破されてしまう状況への
改善を行い、かわりに「発射頻度が少ない」「命中させる事が難しい」武器や
「至近距離まで接近を要する」など、リスクを伴う武器のDPダメージを増加させました。

これによって命中させることができれば撃破のチャンスを得られる武器を拡大し、
現在では一部のバズーカ系統やショットガンを持つ機体を中心に、撃破数などの
パフォーマンス向上を確認しております。

 

また、ダウンポイントゲージレベルやシールドによる被弾効果軽減率の大幅な低下によって、
機体ごとに生じていた被弾効果の差を縮める調整を実施いたしました。

今後のバランス調整では、機体のシールド有無や機体サイズなどの要因による被ダメージ量の差異、
本拠点攻撃性能の高い一部機体を中心とした調整を検討しております。
続報がまとまり次第告知させていただきますので、お待ちいただけば幸いです。

 

 

9月・10月のイベント

 
冒頭でも紹介させていただきましたが、現在「Brandnew FORMULA」と題して、
「機動戦士ガンダムF91」をベースとした様々なイベントやキャンペーンを実施中です。
 
抽選でDXガシャコンチケットが当たるプレゼントキャンペーンも引き続き開催中ですので、
まだ応募されてない方はお知らせガンダムオンライン公式Twitterをぜひチェックしてみてください。
 
また9月は、今回の大型アップデートを記念したスペシャルなトーナメントや、
新しいイベント機体が入手できるEXガシャコンイベントの開催を予定しています。
新イベント機体は、先日の生放送でシルエットを公開させていただきましたので、
そちらもご覧いただき、どの機体が登場するのか予想しながら楽しみにお待ち下さい!
 
さらに、9月末以降もこのキャンペーンは続きます!
 
DXガシャコンに登場予定の新機体はもちろん、先日の生放送でも紹介した新フィールド
「フロンティアI」登場にくわえ、また新たなイベントも実施予定ですので、どうぞお楽しみに!
 
イメージ
 
今後も、皆さまにより楽しんでプレイしていただけるようなサービスを提供し、
ガンオンを盛り上げていけるように頑張ってまいりますので、引き続きよろしくお願いします!
 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、

 恐れ入りますがあらかじめご了承ください

 

この記事に対するご意見をお寄せください。

第74回 6月19日のアップデートについて

ヘッダー画像

みなさん、こんにちは!

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

 

今週の定期メンテナンスから一斉出撃イベントが始まりました!
今回は過去に復刻していなかった機体…地球連邦軍では「Zプラス(テスト機カラー)」や「ギャプラン」、ジオンでは「バウ(グレミー軍機)」や「ドライセン(袖付き仕様機)」などを獲得できるチャンスとなっています。

また、前回のEXガシャコンイベントで登場しました「ガンダムFSD[THE ORIGIN]」や「高機動型ザクⅡ 3S仕様[THE ORIGIN]」は、大変多くのパイロットの方々にご好評いただきました。

これからも楽しんでプレイしていただけるような新機体の開発は続けてまいりますので、お楽しみにお待ちいただければと思います。

さて、今回の運営だよりでは、6月19日に予定しているアップデートの紹介や、実施の意図を説明させていただきます

機体のバランス調整に加えて、今回のアップデートではシステム面において現在問題である部分の改善を図ります。
 

カスタマイズ機能と部隊システムの調整

 

現在ガンダムオンラインの機体開発・強化機能は、多様な強化ステータス項目を用意することで、
カスタマイズにおいて各パイロットが所持するそれぞれの機体と触れ合う機会を設けてきました。

 

それによりパイロットごとにおける機体カスタマイズの違いなどでゲームを楽しんでいただけるようなシステムにしてきました。

 

ただその一方で、獲得した機体を開発・強化し、実際に戦場で遊べるようになるまでの過程の長期化や、
その開発・強化において結果(成功率)が、ゲームをプレイする上でストレスを与えてしまっていると認識しています。

 

特に、まとめてカスタマイズする際や、久しぶりにプレイする際などにこれらが障害となっている現状にありました。

 

そういった問題点を解決するために、今回カスタマイズ機能の調整で以下の2点を予定しております。

 

・強化演出スキップ機能の拡張

・機体開発・強化の成功率の変更


強化演出スキップ機能の拡張

こちらはカスタマイズを行うための時間や手間を省略するため「強化演出スキップ」機能の拡張になります。


機体や武器を強化する際の演出の短縮やボタン配置の調整の他に、素材不足時にアイテムを自動購入できるようにすることでスピーディにカスタマイズを行えるようになります。


機体開発・強化の成功率の変更

部隊未加入者が機体のカスタマイズを行うために加入できる部隊を探すといった手間も省略するため、

機体開発・強化の成功/大成功率を上げることで、ボーナスがない状態でも失敗が発生する確率を現在よりも低くします。

 

 

この調整に伴い、今までありました「部隊レベルによる機体開発・強化時の成功率ボーナス」については、

「機体開発・強化の成功率の変更」による成功率上昇に伴い廃止となります。

 

今までの部隊によるカスタマイズ成功率ボーナスは、最大値を保証した形で通常確率に含まれます。

また、新たに以下の部隊ボーナスを追加致します。

 

・GP獲得ボーナス

・鹵獲ポイント獲得ボーナス

・パイロットカードやリザルト画面にある部隊の表示が変化

 

■GP獲得ボーナス

戦闘で獲得できるGPにボーナスを付与します。

これまでより戦闘でGPが獲得しやすくなりますので、スムーズにカスタマイズしやすくなった機体開発・強化や、GPガシャコン、設計図購入などに使っていただいたりなど

今よりも多くの機体に触れるような遊び方の一助にしていただければと思います。

 

■鹵獲ポイント獲得ボーナス

戦闘で獲得できる鹵獲ポイントにボーナスを付与します。

鹵獲ポイントのボーナスは、パイロット数が限られた部隊において鹵獲機体の支給要請を定期的に続けることが難しい状況がありました。

部隊レベルを上げることでそういった点を解消でき、また幅広い鹵獲機体を常に使える状況を作りやすくなることで、その時々の戦闘に合わせた鹵獲機体の選択が可能になります。

 

■パイロットカードやリザルト画面にある部隊の表示が変化

部隊に所属しているパイロットは、そのパイロットカードやリザルト画面の部隊名表示部分が、部隊レベルに応じてより豪華になっていきます。

 


▼部隊レベルに応じて部隊表示が変化

イメージ

 

 

 

デッキコストの調整

 
ランクごとに設定されているデッキコストの調整を行います。
現在のランクごとのデッキコストを設定した時よりも、今では登場する機体のコストの幅も増えました。
 
そのため、より幅広いコストの機体で遊んでいただけるよう、デッキコストの見直しを行うことにしました。
 
どのランクのパイロットでも対象となるような全体的な施策として、今回はランクに対するデッキコストを調整する形となりました。
 

以上が今回の運営だよりとなります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

また、同日に行われる機体のバランス調整につきましての詳細につきましては、本日公開しましたバランス調整についてのページや、先月のライブ配信をご覧ください。

 

▽【6月19日実施予定】バランス調整について

http://msgo.bandainamco-ol.jp/member/information/article.php?no=2451

 

▽ガンダムオンライン宣伝部Mk-Ⅱ 5月

YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=EdkDxsRssvI

LINELive:https://live.line.me/channels/91/broadcast/11362220

 

バランス調整に伴い、全パイロットにマスターメカニックチケット30個を配布予定ですので、

今回アップデートがあった機能と合せて、バランス調整があった機体などに触れていただければと思います。

 

また、皆さまから頂いているご意見やお問い合わせなども参考にしつつ、

引き続きアップデートを行って参りたいと思っております。

 

本ページ下部にあるフォームより、ご意見・ご感想などお送りいただけると嬉しい限りです。

 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、

 恐れ入りますがあらかじめご了承ください

 

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next