開発運営だより

第83回 2020年8月実施予定のバランス調整について

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

さて今回の開発運営だよりでは先日告知をいたしました7月8日実施予定の一部機体の個別調整、8月に実施予定のバランス調整についてお伝えいたします。


7月8日実施予定の機体個別調整について


実施概要につきましては<7月8日定期メンテナンスの実施について>の告知をご覧ください。


■フリーダムガンダム

撃破率など攻撃面のパフォーマンスは発揮されていましたが、被撃破率が同コスト帯の機体と比較して高い状況でした。防御性能の不足にはいくつかの要因がありますが、この中でもアーマー値、被DP値などの純粋な防御性能に加えて敵機を止めて自分を守る性能を中心とした調整を実施します。


■ダブルオーガンダム

ツインドライヴシステムとGNフィールドによる防御力を持つ機体ですが、現状ではバリア効果を持つ類似した機体よりも被撃破率が高く十分に防御性能を活かせていない状況でした。
そのため移動速度の上昇と、一部武器の命中精度向上機能が適用されるロックオン距離を調整し、現在よりも敵機から離れた距離を維持しやすくすることで生存時間の向上を図ります。また、攻撃面ではタイミングを見て敵を撃破できるチャンスが増えるようTRANS-AM再使用にかかるまでの時間を短縮します。
GNビームサーベル(二刀流)系統については一部ダッシュ攻撃時、不自然に遅く見えていた状態を改善いたしました。

 

8月実施予定のバランス調整について


実施概要につきましては<[8月実施予定]バランス調整について>の告知をご覧ください。


格闘武器の機能追加と調整について

今後、より様々なバトルレンジで戦闘を楽しんでいただけるように対戦環境の整備と格闘攻撃に関する機能のアップデートを実施する予定です。
この調整では格闘武器による通常攻撃に機能を追加し、現在のダッシュ攻撃を主体としたバトルに更に通常攻撃の利用価値を付加することによって格闘攻撃によるアクション性の拡張を行う予定です。今までのMS戦でパイロットがこれまでに培ったプレイ感を損なわないよう調整いたします。

また以前より多くお問合せをいただいている「ダッシュ攻撃を連続で使用し移動に利用することで高い本拠点到達率を持つ機体」によって本拠点防衛が困難となっている状況について対策を行います。


7/3のバランス調整告知公開以降、格闘攻撃全般の利便性低下やボリノーク・サマーンのシザースクローなどへ影響に対する懸念、意見・ご質問をいただいております。これらも踏まえて運営開発チームにてテストを進めながら慎重に調整・検討を行ってまいります。

高DPダメージをもつ一部射撃武器の交戦距離について

ロックオン距離に応じた命中精度向上機能を持つ武器の中でも、一撃で転倒を奪取する高いDPダメージを持ちさらに機体本体の移動速度や耐久値が高い組み合わせにおいて、命中精度向上機能が適用されるロックオン距離へ接近がしやすく反撃や対処が困難になっております。この問題について該当となる機体の武器を中心に調整する事により、一般的な機体が持つ多くの連続攻撃の始動向け武器が利用されるよう調整を行います。

 

■本拠点攻撃・拠点制圧に関する調整

機体・武器関連以外にも拠点に関連するアップデートも予定しております。

 

現状チームで集団による本拠点に攻撃を仕掛けた際、本拠点を攻撃したパイロットは与ダメージに応じたスコアを獲得できるものの、先陣をきって撃破されたパイロットは何もスコアを獲得できない状態でした。
そこでチームの攻撃をサポートしたパイロットは、その行動がスコアとして評価されるよう調整を行います。

また大規模戦の戦力ゲージ状況に応じて、劣勢チームの拠点制圧力が上昇する機能を追加し、劣勢な場合でも戦況を均衡へ押し戻すチャンスが生まれるようにします

 

これらの他にも一部機体の個別調整も予定しております。
詳細な情報は改めて後日公開いたしますので今しばらくお待ちください。



以上がバランス調整についての開発運営だよりとなります。

 

ここからは7月に開催予定のイベント・キャンペーンについてお知らせします!

まず7月8日は「ガンダム(RX-78)の日」ということでさまざまなイベントを開催予定です!


選ばれしガンダムのみで出撃するトーナメントイベント「ガンオンファイトGUNDAM」をはじめ、
ガンダムの日にちなんだ新機体の設計図獲得イベントも実施予定!
7/8 00:00には公式Twitterや公式LINEで強化アイテムを78個獲得できるアイテムコードも配布いたします!

 

 

さらにサマフェスイベントなどアツいキャンペーンが目白押しとなっていますのでぜひ楽しみにおまちください。


※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第82回 プロデューサーレター

ヘッダー画像

 

いつも機動戦士ガンダムオンラインをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。

 

機動戦士ガンダムオンラインでは新型コロナウイルスの感染拡大について引き続き予断を許さない状況であることを受け、引き続き開発運営スタッフの健康や安全確保に努めながらサービスを継続しております。


今回は「ライブ配信」「5月末実施予定のバランス調整」「新機体情報」についてお知らせしてまいります。

 

 

今後のライブ配信

 

公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」につきまして、

PRチームと相談の上で出演者や関係スタッフの健康・安全を第一に考慮した結果、5月についても実施しない方針を決定いたしました。

 

楽しみにしていただいていた方々には誠に申し訳ございません。

 

6月以降の配信につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を実施した上で配信を行えるように準備を進めております。


今までの弊社のPRチームが主体となり実施していた公認ライブ配信の「ただいまガンオン中!」に加え、

以前からお話させていただいておりました、ガンオン運営チームが主体となって行う公式ライブ配信も予定しています!

 

公式ライブ配信では、パイロットの皆さまと私たちガンオン運営チームのコミュニケーションの場としても活用できるよう、さまざまな企画を検討中ですので続報を楽しみにお待ちください!

 

2つの配信の詳細なスケジュールにつきましては、追って告知させていただきます。

 

 

5月27日実施予定のバランス調整

 

以前告知や前回の開発運営だよりでもお伝えさせていただきましたが、

5月27日の定期メンテナンスにて、一部武器の命中精度が上昇する機能の調整を予定しております。

 

4月22日の定期メンテナンスにて、ロックオン距離による性能補正に命中精度を向上させる機能を追加し、

アップデート以後は、セミオートビーム・ライフルやチャージ・ビーム・ライフルを所持した重撃機体などを中心に利用率、撃破パフォーマンスの向上が見られ、パイロットの皆様のデッキ編成にも変化が出ているかと思います。

 

この命中精度を向上させる機能は、セミオート系統の武器などフルオート系統の武器と比較して操作難度が高い武器への利便性向上を目的としております。


該当する武器の利用価値が上がる半面で、機体の中心に命中してしまうため、「大型の機体の体格減衰機能」や「移動速度が高い代わりにアーマーが低い機体」「敵機からのロックオンを低下させる機能を持つ機体」などがその個性を活かしにくい状況になっております。


そこで5月27日に予定している本機能の調整として、

「命中精度を向上させる機能」が有効な状態で発射された弾が機体の中心へ移動する力を緩和し、大型の機体が体格減衰機能の発動する範囲にヒットする可能性や、移動によって回避できる可能性が向上するよう調整を行います。

 

また併せて現在のバトル環境を考慮し、以下の機体個別の調整も一部実施いたします。

 

各陣営ごとでパフォーマンスを発揮しているコストの一部機体で陣営間差を埋める調整

現状の戦場でのパフォーマンスを鑑みた上での、直近でリリースした機体


機体のラインナップなどの詳細につきましては、以下の告知をご覧ください。

 

[5月27日実施]バランス調整について

 

 

新機体情報

 

今回の公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」の配信中止に伴い、配信を通して視聴者の皆さまに見ていただく予定でした、新機体の先行情報をこの場を借りてお見せしたいと思います。

 

 

 

 ■レイダーガンダム コスト:340 兵科:強襲

 

 

 

■ガンダムキュリオス コスト:340 兵科:強襲

 

 

 

 

■ORDER:ガンダムスローネツヴァイ(サーシェス)

■REBELLION:ガンダムスローネツヴァイ(ミハエル)


コスト:340 兵科:強襲

 

 映像は開発環境のもので実際の内容とは異なる場合がございます

 ※体と武器は強化およびパーツアイテムが適用されています

 

「ガンダムスローネツヴァイ」は陣営間で少しだけ性能が異なる機体として、両陣営に登場します!

 

その他の機体も合せて、DXガシャコンvol.81として5月27日(水)の定期メンテナンスで実装予定となります!

 

 

プレゼントシリアルコード

未だご自宅で長い時間を過ごされている方々も多いかと思います。

 

ガンオンを通じて少しでもお客様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、今回もプレゼントシリアルコードをご用意させていただきましたので、是非ご利用ください!

 

 

イメージ

 


[シリアルコード]

 PJPB-7E9Z-R3CE-6YXS


[シリアルコードの内容]
 ・DXガシャコンチケット 1個
 ・マスターメカニックチケット 1個
 ・機体倉庫拡張チケット 10個
 ・GPハロチケット 2個


[使用可能期限]

 2020年5月21日(木) ~ 2020年6月10日(水)定期メンテナンスまで


[注意事項]

 ・シリアルコードは1パイロットにのみ使用可能です

 ・シリアルコードの使い方や詳細については、プロデューサーレターの最後に記載しております




 

今回の開発運営だよりは以上となります。


今回の内容にはありませんでしたが、5月末から新機体に加えて、その他様々なイベントも用意しておりますので、そちらもお楽しみいただければと思います!

 

今後とも皆さまのお声を参考に、ガンオンをより良いゲームとして盛り上げてまいりますので、よろしくお願い致します。

 

本ページ下部にあるフォームより、ご意見・ご感想などお送りいただけると嬉しい限りです!

 

 --------------

■シリアルコード入力手順

シリアルコードの入力については「機動戦士ガンダムオンライン」にログイン後、ブリッジ画面右上にある「ショップ」を選択した際に出現する項目「アイテムコード」から入力いただけます。


▼シリアルコード入力の項目

イメージ

▼シリアルコード入力画面

イメージ

※注意事項※

・シリアルコードはいずれか1パイロットにのみ使用可能です。1度使用すると同アカウントの他パイロットまたは、他アカウントのパイロットには使用できません。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第81回 統合整備計画後のご報告と今後のアップデートについて

ヘッダー画像

 

いつも機動戦士ガンダムオンラインをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

 

4月22日に大型アップデート「SOLDIERS」を実施し、バトル周りを中心にバランス調整を行いました。 

今回の運営だよりではバランス調整後の状況のご報告、および今後のアップデートについてお伝えしてまいります。

 

バランス調整を踏まえた今後の調整について

 

今回統合整備計画ではロックオン距離による性能補正に、命中精度を向上させる機能を追加するアップデートを実施いたしました。この対応では汎用的なビームライフル系統、単式マシンガン系統などのセミオート武器、バズーカ系統、および一部のチャージ武器系統の利便性向上を行い、それらのカテゴリの武器を持つ機体の利用が促進されるよう調整を実施しました。

 

統合整備計画実施後、「性能補正が適用されるロックオン距離」を延長した武器を所持する一部の機体について、利用率、撃破などのパフォーマンスが突出している状況であることを確認しております。

 

お客様からも今回の調整に関しては多くの反響をいただいており、前述のパフォーマンスも含めて現状のゲームバランスについて開発運営チームで協議を重ねた結果、これらの武器については調整が必要と判断いたしました。調整実施から日が浅いなかでの対応となり、お客様にはご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

調整については4月28日のアップデートにて以下の調整を実施いたします。

 

■4月28日実施予定の調整概要


▼ガンダム試作3号機

・「フォールディング・バズーカ(2挺)」「フォールディング・バズーカ(斉射)」

性能補正が適用されるロックオン距離を減少し、他の汎用的なビーム・ライフルなどの有効射程内で戦うよう調整を行います。

上記対応によって被弾が増加する点を考慮しアーマー値を増加します。

 

▼ランチャーストライクガンダム

・「アグニ
性能補正が適用されるロックオン距離を減少し、有効射程に入るまでの速度を増加します。

 

上記2機体の調整に加え、リベリオン陣営の一部機体にも調整を行い陣営間バランスの是正を図ります。


※4月28日に実施予定の調整詳細については<[4月28日実施]バランス調整について>のお知らせをご確認ください
本調整にて機体および武器の機能や挙動の一部が変わります。この点ご理解ご了承の上、各ガシャコンやマスターメカニックチケット、GOライセンス等をご利用くださいますようお願いいたします。

 

■今後予定している調整およびアップデートについて


「命中精度向上機能の追加」につきましては、以前よりも体格減衰の効果が得られにくくなった、攻撃を当てるために照準を調整するといったプレイヤースキルに依存する要素が少なくなった、といったご意見をいただいております。


これらの問題への対応として、5月を目処に命中精度向上機能の効果を減少させる調整を実施予定です。

また今後の対応として、「ロックオン距離による性能補正」による攻撃以外でも、照準を操作して攻撃することによって駆け引きが生じるようなバトルバランスとなるよう対応を検討しております。

 

また、お客様から多くご質問を頂いている点として、緊急回避を行っても命中精度向上機能の効果によって攻撃が当たってしまうというご意見を頂いております。

こちらにつきましては「緊急回避」を行った場合、既に発射されている弾の「命中精度向上機能の効果」を無効化することができる仕様となっております。


この仕様については、敵機からロックオンされて性能補正を受けた際に表示される赤い警告表示を見てから、緊急回避を行うといった駆け引きの促進を目的としておりますが、一部武器やプレイの状況によっては警告が表示されてからの緊急回避を受け付けるまでの猶予時間が短い場合があります。

この点についても改善を検討しております。

 

4月28日から実施予定のイベントについて

 

 

本日<4月28日に実施予定のアップデート内容>についても公開いたしました。
DXガシャコンやパイロットパスから新機体が登場するほか、新たなガシャコンイベントや部隊イベントなど盛りだくさんの内容となっておりますので、楽しみにお待ちください!


4月28日から実施予定の「スペシャル部隊チャレンジ」イベントについては、部隊チャレンジの達成に応じて「VOL.79専用DXガシャコンチケット」「VOL.80専用DXガシャコンチケット」を報酬として獲得可能できるイベントです!



こちらのイベントは4月28日定期メンテナンス開始時点で存在している部隊および、そこに所属している部隊メンバーが対象となります。
4月28日定期メンテナンス終了後に部隊を開設、あるいは部隊に加入しても部隊チャレンジはプレイできませんのでご注意ください!
部隊の開設や加入(移籍)は4月28日定期メンテナンス開始前に完了してくようお願いいたします。



※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第80回 プロデューサーレター

ヘッダー画像

 

いつも機動戦士ガンダムオンラインをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。


前回に続きまして今回の開発運営だよりも、プロデューサーレターとして私からお届けしたいと思います。


まずは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、罹患された皆さま、生活に影響を受けられている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


すでに<こちら>のお知らせでご案内しておりますが、政府による新型コロナウイルスの感染拡大に伴う非常事態宣言を受け、

機動戦士ガンダムオンラインでは開発運営スタッフの健康や安全確保に努めつつ、アップデート作業やお問い合わせ対応を行っております。


今後の状況の変化によってアップデートの遅延や中止、お問い合わせ対応の遅延などが発生した場合には公式サイトにてお知らせしてまいります。

 

今回は上記の対応を受けた公認ライブ配信に関するお知らせに加えて、
4月22日に実施予定のアップデート「SOLDIERS」より、4月28日に追加予定の新機体情報を中心にお届けしたいと思います。

 

4月の公認ライブ配信中止のお知らせ

 

4月に実施を予定していた公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」につきまして、

今回新型コロナウイルスの感染拡大に伴いPRチームと協議を重ね、出演者や関係スタッフの健康・安全を第一に考慮した結果、配信中止を決定いたしました。

 

楽しみにしていただいていた方々には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後の配信のスケジュールについても決定次第お知らせしてまいります。

 

新機体情報

 

今回の公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」の配信中止に伴い、配信を通して視聴者の皆さまに見ていただく予定でした、新機体の先行情報をこの場を借りてお見せしたいと思います。


新機体は4月28日のアップデートでDXガシャコンやパイロットパス報酬などで配信を予定しておりますのでぜひ楽しみにお待ちください!

 

 

 ■ガンダムアストレイブルーフレームセカンドL コスト:340 兵科:強襲

 

 

 ■サーシェス専用AEUイナクトカスタム コスト:280 兵科:強襲

 

 

 

■ガンダムアストレイゴールドフレーム天 コスト:340 兵科:強襲

 

 

■フルアーマー0ガンダム コスト:280 兵科:重撃

 

 

 

■バスターガンダム コスト:320 兵科:重撃

 

 映像は開発環境のもので実際の内容とは異なる場合がございます

 ※体と武器は強化およびパーツアイテムが適用されています

 

バスターガンダムはパイロットパス専用機体として両陣営に(一部の武器が陣営毎に異なります!)、

その他の機体はDXガシャコンvol.80として各陣営に、4月28日(火)の定期メンテナンスで登場予定となります!

 

今回のメンテナンスは普段の水曜日ではなく、前日の火曜日での実施となっていますので、お気を付けください。 

これらの機体のさらなる情報は後日公開予定の特設ページに記載予定ですので、そちらもお楽しみにお待ちください!

 

その他イベント・アップデート


新型コロナウイルス感染拡大に伴い機動戦士ガンダムオンラインをプレイいただいているお客様におかれましても、自宅待機など制約下での生活を余儀なくされている方が多くいらっしゃるかと思います。


このような状況下でも、ガンオンを通じて少しでもお客様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、アイテムおよびイベントを用意いたしました。

 

 

イメージ

 


[シリアルコード]

 PL47-UQ6E-RVEB-SVPG


[シリアルコードの内容]
 ・DXガシャコンチケット 1個
 ・マスターメカニックチケット 1個
 ・機体倉庫拡張チケット 10個
 ・GPハロチケット 2個


[使用可能期限](5/13 16:00更新)

 2020年4月22日(水)定期メンテナンス ~ 2020年5月13日(水)定期メンテナンスまで
                    2020年5月20日(水)定期メンテナンスまで


[注意事項]

 ・シリアルコードは1パイロットにのみ使用可能です

 ・シルアルコードの使い方や詳細については、プロデューサーレターの最後に記載しております


■おうちdeガンオンキャンペーン

 

イメージ

 

4月22日メンテナンス後より「ゴールドハロチケット」が手に入る「おうちdeガンオンキャンペーン」を開催予定です!

キャンペーンの内容については後日改めて発表させていただきます。


  

そのほかに予定しているアップデートについても、新機体同様、近日公開予定の特設サイトに掲載を予定しておりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!


今回の開発運営だよりは以上となります。


4月22日(水)には、以前からお伝えしておりましたバトルシステム周りのアップデート、

4月28日(火)には、今回ご紹介した新機体が登場致します。


今後も皆さんのお声を参考にしつつ、ガンオンをより良いゲームにして盛り上げていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 --------------

■シリアルコード入力手順

シリアルコードの入力については「機動戦士ガンダムオンライン」にログイン後、ブリッジ画面右上にある「ショップ」を選択した際に出現する項目「アイテムコード」から入力いただけます。


▼シリアルコード入力の項目

イメージ

▼シリアルコード入力画面

イメージ

※注意事項※

・シリアルコードはいずれか1パイロットにのみ使用可能です。1度使用すると同アカウントの他パイロットまたは、他アカウントのパイロットには使用できません。

この記事に対するご意見をお寄せください。

第79回 プロデューサーレター

ヘッダー画像

 

いつも機動戦士ガンダムオンラインをプレイしていただきありがとうございます。
機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。


今回の開発運営だよりでは、今皆様からいただいているご意見・ご要望や今後のアップデートについて、
プロデューサーレターとして私からお届けしたいと思います。

 

 

ライブ配信について

 

まずは皆様へお詫びがございます。

 

2月20日に公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」がスタートいたしましたが、

配信内使用したプレイ動画について、「プレイヤーの実力にあった大規模戦ではないのではないか」などお声をいただいております。


事実として操作しているプレイヤーの実力に相応しくない戦場で戦闘を行っており、対戦ゲームとして配慮に欠ける形での配信となっておりました。

 

今後はパイロットの実力に相当する戦場で参戦するなど、今以上にPRチームと連携し、今回のような事態を繰り返さぬように制作して参ります。


パイロットの皆様に不快な思いをお掛け致しましたことお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

  

今後も公認ライブ配信を通じて、僕たち運営・開発チームとは違う視点で出演者や皆さまからの生の声をいただき、これからの「機動戦士ガンダムオンライン」を一緒に作り上げる良い機会になればと考えていますので、どうか楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

 

また配信内で発表した、出演者が使用する背景イラストの募集については現在準備を進めており、
近日ご案内を予定しております。

 

PRチーム主体で行う公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」とは別に、

ガンオンの運営・開発チーム主体で行う公式ライブ配信も今後実施を予定しております。

 

準備まで今しばらくのお時間を要する見込みですが、こちらもお楽しみにお待ちください。

 

 

GOライセンスとパイロットパスについて

 

パイロットパスの難易度、および2月26日より販売を開始した「GOライセンス」について多くのご意見を頂いております。

 

特にパイロットパスのLVについては、一日当たりの獲得APの上限や出現したデイリーアクティビティの難易度のばらつきにより、報酬の獲得難易度が高くなっていると認識しています。

次回以降のセクションについては、全体的な難易度の緩和、および報酬獲得レベルの見直しを検討しております。

 

今回のセクションについては皆さまの達成状況を確認し、3月11日のアップデートにて臨時で以下の対応を行う予定です。

 

 ・難易度の高いデイリーアクティビティの出現率の大幅な低下
 ・小隊関連のアクティビティの一時的な取り下げ
 ・アクティビティ達成時の獲得AP量が増加するキャンペーンの実施

 

また、パイロットパス専用機体を「強化応援キャンペーン」の対象としていますが、設計図の獲得難易度に対して強化応援キャンペーンが短い、というご意見もいただいております。

 

こちらについては3月11日アップデートより一定期間、強化成功率をアップさせる対応を行う予定です。

これらの内容については改めて詳細をご案内する予定ですので今しばらくお待ちください。

 

GOライセンスについてはパイロットパスも含めてお客様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後も改善を行ってまいります。

 

3月および今後のアップデートについて

 

まず3月のアップデートでは、以前お伝えした以下の項目を実施予定です。

 

・待機ボーナスをイベントアイテム獲得個数に反映

 こちらは待機時間によって得られる待機ボーナスが、イベントアイテム獲得個数にも反映されるようになります。

イメージ



・トーナメントにて機体の武器スロットを変更可能にする

 当対応を行ったうえで、3月中旬に第2回の1st Choiceトーナメントの実施を予定しておりますのでぜひ楽しみにお待ちください!

イメージ

 

そのほか今後のアップデート予定といたしまして、前回の開発運営だよりでも触れましたバトルシステムアップデートを4月に予定しております。

 

昨年12月に、ロックオンや緊急回避の機能追加のアップデートを実施しましたが、

その後パイロットの皆様よりいただいたご意見ご要望や、現状の戦場バランスを元にシステムの機能拡張や調整を中心としたアップデートを予定しております。

 

また、マップの改修につきまして本日3月4日にオデッサ沿岸部の調整を実施いたしました。

内容としましては、パイロットの皆様よりご意見をいただいていたリスポーン位置の調整を反映しております。

 

マップに関しては、既存マップの調整や新マップなど、パイロットの皆様より多数のご意見をいただいており、より高い精度が求められていると感じております。

 

今後もお寄せいただいたご意見を参考にさせていただきつつアップデートを検討しておりますのでこちらも続報をお待ちください。

 

加えて同日から、友だちを誘って招待コードを入力してもらうことでさまざまなアイテムが入手できる「ウェルカムキャンペーン」を開催しています。

 

DXガシャコンチケットやゴールド設計図なども獲得できますのでぜひチェックしてみてください!

 

▼ウェルカムキャンペーン特設サイト

https://msgo.bandainamco-ol.jp/friend_invite/

 



今回の開発運営だよりは以上となります。最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

 

皆さまからいただいているご意見やお問い合わせなども参考にしつつ、引き続きアップデートを行って参りたいと思っております。

本ページ下部にあるフォームより、ご意見・ご感想などお送りいただけると嬉しい限りです。 

 

※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、

 恐れ入りますがあらかじめご了承ください

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next